医歯薬出版のページサイトマップ
医学のあゆみTOP最新号通常号第1土曜特集号第5土曜特集号バックナンバー年間定期購読
ホーム雑誌一覧医学のあゆみ254巻8号 > 論文詳細
構造生物学が推進する医薬基盤とその応用
254巻8号 2015年8月22日 p.527-533
AYUMI 構造生物学が推進する医薬基盤とその応用 細胞治療をめざしたゲノム編集技術の開発 濡木理
サマリー   バクテリアの獲得免疫機構に働くCRISPR-Cas9は,ガイド鎖RNAと協働し標的二本鎖DNAを切断することから,真核生物を含めたあらゆる生物のゲノム編集に用いられている.著者らは,Cas9とガイドRNA,相補性DNAの三者複合体の結晶構造を2.5Å分解能で解明し,ガイドRNA依存的なDNA切断機構を明らかにした.また著者らは,複合体の構造に基づいて,ガイドRNAにMS2タンパク質のアプタマー配列を組み込み,一方MS2にさまざまな転写活性化因子を融合することで,Cas9にさまざまな転写活性化因子を集積させ,遺伝子特異的な転写活性化ツールを創成することに成功した.このツールを用いることで,メラノーマ細胞の抗癌剤耐性を付与している遺伝子を,新規に同定することに成功した.さらに,複数のCas9・ガイドRNA・二本鎖DNA四者複合体の立体構造に基づき,現ゲノム編集ツールの弱点を克服し,革新的なゲノム編集ツールセットを構築し,細胞や動物で評価を行うとともに,相同組換え技術の開発を行い,ブタの遺伝子治療を近々の目標としている.さらに,iPS細胞技術と補完的に用いることで,将来の細胞治療技術を開発していきたいと考えている.
キーワード  ゲノム編集,細胞治療
AYUMI 構造生物学が推進する医薬基盤とその応用 細胞治療をめざしたゲノム編集技術の開発 濡木理
本論文を購入 特集TOPへ戻る
週刊「医学のあゆみ」のご注文
構造生物学が推進する医薬基盤とその応用
254巻8号 2015年8月22日
週刊(B5判,70頁)
発行時参考価格 1,100円
注文コード:925408
雑誌コード:20474-8/22
品切れ
電子版の購入

本書は電子版を販売しています.

以下のウェブサイトで論文単位の購入が可能です.

Pier Onlineメディカルオンライン

※リンク先は医歯薬出版株式会社のウェブサイトではありません.利用方法等は各ウェブサイトへお問い合わせください.

お問い合わせ 会社案内 About us リンクについて オンラインショップの返品について
当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクしてください.
Copyright (C) 2022 Ishiyaku Pub,Inc.