医歯薬出版のページサイトマップ
医学のあゆみTOP最新号通常号第1土曜特集号第5土曜特集号バックナンバー年間定期購読
ホーム雑誌一覧医学のあゆみ275巻5号 > 論文詳細
がんゲノム医療−網羅的解析からの知見と臨床応用の展望
275巻5号 2020年10月31日 p.608-614
食道がんとフィールドがん化
サマリー   食道がんは他がんと同様に高齢者に多いが,過度の飲酒・喫煙というリスク因子が明確ながんである.これらのリスク因子の慢性的な曝露により,多発性にがんが発生するフィールドがん化を呈する典型的ながんという特徴がある.正常食道上皮から微量DNAを採取することにより,食道において,クローン性増殖は生後間もない時期からすでに正常食道上皮で生じており,若年者ではきわめて限定的であったが,加齢とともに食道上皮全体に拡大し,高齢者では,食道の大半が食道がんで頻繁に認められるドライバー変異を獲得して増殖した,10,000個にも達するさまざまなクローンによって再構築されていることがわかった.このクローン拡大の過程は過度の喫煙や飲酒といった生活習慣リスクによって大きく影響され,こうした生活習慣リスクを持つ人では,遺伝子変異の総数が増加するとともに,驚くべきことにドライバー変異も増加しており,このことがフィールドがん化を呈することに起因すると考えられた.
キーワード  食道がん,体細胞変異,クローン進化,ドライバー変異
本誌を購入 特集TOPへ戻る
週刊「医学のあゆみ」のご注文
がんゲノム医療
275巻5号 2020年10月31日
週刊(B5判,240頁)
定価 6,490円(本体 5,900円+税10%)
注文コード:286690
雑誌コード:20475-10/31
買い物カゴへ追加
買い物カゴを見る
お問い合わせ 会社案内 About us リンクについて オンラインショップの返品について
当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクしてください.
Copyright (C) 2021 Ishiyaku Pub,Inc.