医歯薬出版のページサイトマップ
医学のあゆみTOP最新号通常号第1土曜特集号第5土曜特集号バックナンバー年間定期購読
ホーム雑誌一覧医学のあゆみ263巻13号 > 論文詳細
臨床検査の最前線―将来の検査を展望する
263巻13号 2017年12月30日 p.1169-1175
第5土曜特集 臨床検査の最前線――将来の検査を展望する DICの新しい診断基準――臨床検査の重要性 窓岩清治
サマリー   播種性血管内凝固症候群(DIC)は,がんや白血病,感染症などを基礎疾患において血液凝固系が全身にわたり過度に活性化された病態である.DICにみられる臨床症状や検査値の多様性は,基礎疾患により影響を受ける線溶系の動態を反映するものである.日本血栓止血学会“DIC診断基準2017年版”は血小板数の経時的変化やトロンビン生成の指標となるトロンビン・アンチトロンビン複合体や可溶性フィブリン,プロトロンビンフラグメント1+2などの凝固系分子マーカーを重要な診断項目として位置づけている.また線溶系に関連する臨床検査であるプラスミン-α2プラスミンインヒビター複合体,PAI-1やe-XDPsはDICの病態評価に関連する臨床検査としてとらえられている.新規DIC診断基準の根幹をなす臨床検査を十分に理解し適切な治療介入に結びつけることがDICの生命予後を改善するために重要である.
キーワード  DIC,診断基準,日本血栓止血学会,分子マーカー
第5土曜特集 臨床検査の最前線――将来の検査を展望する DICの新しい診断基準――臨床検査の重要性 窓岩清治
本誌を購入 特集TOPへ戻る
週刊「医学のあゆみ」のご注文
臨床検査の最前線―将来の検査を展望する
263巻13号 2017年12月30日
週刊(B5判,258頁)
定価 6,380円(本体 5,800円+税10%)
注文コード:286570
雑誌コード:20475-12/30
買い物カゴへ追加
買い物カゴを見る
お問い合わせ 会社案内 About us リンクについて オンラインショップの返品について
当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクしてください.
Copyright (C) 2021 Ishiyaku Pub,Inc.