医歯薬出版のページサイトマップ
医学のあゆみTOP最新号通常号第1土曜特集号第5土曜特集号バックナンバー年間定期購読
ホーム雑誌一覧医学のあゆみ259巻5号 > 論文詳細
マクロファージのすべて
259巻5号 2016年10月29日 p.397-401
第5土曜特集 マクロファージのすべて 酸化ストレスシグナルと8-ニトロ-cGMPによる感染防御機構 笠松真吾・他
サマリー   活性酸素(ROS)は,生体内のエネルギー代謝や感染防御過程において発生する一連の反応性分子種(O2やH2O2など)である.これまでROSはその反応性の高さから,細胞内の生体分子(核酸や蛋白質,脂質など)を酸化して傷害し,感染・炎症などさまざまな疾病の病因となる毒性分子であると考えられてきた.しかし近年,われわれの体はROSを生理的シグナルとして巧妙に利用しており,ROSあるいはROSシグナルの下流で二次的に生成される親電子物質による生体分子の化学修飾は単なる病態の増悪因子ではなく,酸化ストレス応答などの生体反応をつかさどるシグナル(レドックスシグナル)として,生理機能を発揮することがわかってきた.著者らは感染・炎症,酸化ストレスにおけるシグナル伝達機構について解析を進めるなかで,ROSと一酸化窒素(NO)の下流シグナル分子である8-ニトログアノシン3´,5´-環状1リン酸(8-ニトロ-cGMP)を介した新規のシグナル伝達機構を見出した.さらに近年,システインパースルフィドなどの活性イオウ分子種がROS,NOのシグナルを制御する新規抗酸化因子として生体内で機能していることが明らかとなり,感染,炎症をはじめ酸化ストレスがかかわる病態の解明に向けてその役割が注目されている.
キーワード  活性酸素(ROS),一酸化窒素(NO),酸化ストレス,8-ニトロ-cGMP,活性イオウ分子種
第5土曜特集 マクロファージのすべて 酸化ストレスシグナルと8-ニトロ-cGMPによる感染防御機構 笠松真吾・他
本誌を購入 特集TOPへ戻る
週刊「医学のあゆみ」のご注文
マクロファージのすべて
259巻5号 2016年10月29日
週刊(B5判,268頁)
定価 6,380円(本体 5,800円+税10%)
注文コード:286520
雑誌コード:20475-10/29
買い物カゴへ追加
買い物カゴを見る
お問い合わせ 会社案内 About us リンクについて オンラインショップの返品について
当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクしてください.
Copyright (C) 2019 Ishiyaku Pub,Inc.