やさしさと健康の新世紀を開く 医歯薬出版株式会社

21,600円(税込)
発売中 在庫あり
24:00までにご注文いただければ翌営業日に発送いたします.
送料:200円代金引換の場合は別途250円,後払いの場合は別途200円の手数料がかかります.

Muscle Wins!の矯正歯科臨床
呼吸および舌・咀嚼筋の機能を生かした治療

定価 21,600円(本体 20,000円+税8%)
  • 総頁数:296頁 / カラー
  • 判型:A4判
  • 発行年月:2007年2月
  • ISBN978-4-263-44226-5
  • 注文コード:442260

強い矯正力や装置だけに頼る矯正から筋機能を生かした矯正治療へ!

内容紹介

歯科矯正学の権威Dr.T.M.Graberも絶賛!

●矯正治療による咬合の改善時,もっとも重要なことは―「舌と口腔周囲筋,そして咀嚼筋活動を整え,舌が自由に動くことのできる舌房の形成,気道の確保,鼻呼吸の確保である」「これらの機能は顎顔面骨格の成長発育に大きな影響を与え,顎発育の方向,歯の位置と方向,そして顎関節部の形成にも影響を与えるからである」(Dr.Graber)
●強い矯正力や装置のみに頼らないで,患者さんの機能を最大限に生かす治療に長年取り組んできた著者の臨床例は,Dr.Graberの考えを証明した,まさに“Muscle Wins Method”.
●舌と口腔周囲筋,咀嚼筋の機能を治療に生かし,呼吸のしやすい咬合を再構築した多数の症例から33症例をピックアップし,その臨床コンセプトとテクニックをわかりやすく提示した画期的な一冊!

推薦の辞より(抜粋)

◆近藤矯正は矯正技術の最高傑作かつ芸術                      T.M.Graber
 近藤悦子先生によるこの素晴らしい本は,先生がずば抜けた臨床医であり卓越した結果を出しておられることを示しているだけではありません.解剖学と生理学の基本法則をおさえ,歯,顎の最終的な位置や顔面の軟組織の構造的調和に呼吸が及ぼす影響を認識することによって,このような見事な成果が得られることを示しているのです.
 筋・神経系の力に脅かされることなく重度の不正咬合を成功裏に治療できること,顎外科手術も舌縮小術も行わずに素晴らしい結果が達成できること,その結果,劇的な審美性の改善とともに咬合の長期安定が得られることが実際の症例を通して示されています.この本はまさにその証拠です!
 一連のX線写真などによりきわめて念入りに追跡した,ほかに類を見ない見事な長期記録は,この本を矯正技術の最高傑作かつ芸術に仕立てています.「装置に頼るのではなく,装置をいかに,いつ,どのような理由で,どれだけの期間使用するかであり,機能的要因と環境的要因を継続的に診断評価し,すべての組織系の最適な調和を目指すことである!」との金言を実証しているのです.
 この本は矯正歯科医一人ひとりの文庫に加えるべき必須の書です.

◆近藤矯正の世界的なブレークスルー 伊藤学而
 近藤悦子先生の矯正治療の素晴らしさに世界が注目するようになったのは, 1998年にアメリカ矯正歯科学会の機関誌 (Am J Orthod Dentofacial Orthop)の編集委員長であったGraber先生に送った症例報告が評価され,その年の12月号に掲載されたことがきっかけです.それ以降はGraber先生の要請に応えて,Am J Orthod Dentofacial Orthopや世界矯正歯科連盟の機関誌(World J Orthod)にほぼ毎年,症例報告を投稿し続けてこられました.まさに近藤矯正の世界的なブレークスルーです.
 近藤矯正では,口唇閉鎖のしやすい口元と,咀嚼,嚥下,鼻呼吸のしやすい歯列弓形態を整えるとともに,口唇,舌の機能訓練や噛み締め訓練,頸部筋の活性化を促しておられます.これによって患者さんの顔貌と咬合が改善するだけでなく,咬合異常の再発もなく治療後の長期安定が得られています.
 筋機能の正常化を組み込んだ近藤矯正に対して, Graber 先生は解剖学者の Sicher, H先生 の“Whenever there is a struggle between muscle and bone, bone yields!”(筋肉と骨が争えば必ず筋肉が勝つ)という言葉を引用して,“Muscle Wins”という賛辞を近藤先生に伝えたほどです.近藤矯正のファンの一人として,推薦の辞といたします.

本書のパンフレットはこちら(PDFファイル 約1,000KB)

目次

I.Muscle Winsのコンセプト―なぜ筋機能を整え,鼻呼吸を確立することが重要なのか
II.Muscle Winsの臨床ポイント―筋機能の回復と矯正装置を組み合わせた治療の実際
III.Muscle Winsの症例―外科的矯正治療やヘッドギアを選択しない矯正治療

著者所属/略歴 ※本書が刊行された当時のものです.現在とは異なる場合があります.

【著者略歴】
近藤悦子【こんどうえつこ】
 1965年 日本歯科大学歯学部卒業
 1972年 日本歯科大学にて学位取得
 1973年〜1980年 日本歯科大学非常勤講師
 1975年 東京都世田谷区に歯科矯正近藤デンタルオフィス開業
 1984年 東京都豊島区に近藤矯正歯科医院開業
 1998年〜 北京首都医科大学正畸科客員教授
 2002年〜 日本歯科大学非常勤講師
 2004年〜 鶴見大学歯学部非常勤講師
<所属学会>
 日本矯正歯科学会認定医・指導医・専門医
 日本歯科審美学会認定医
 日本臨床矯正歯科医会会員
 日本顎関節学会会員
 日本顎変形症学会会員
 日本口蓋裂学会会員
 アメリカ矯正歯科学会(AAO)会員
 WFO会員
 WJO編集委員

執筆者の関連書籍を探す場合は下に表示された名前をクリックしてください

近藤悦子 著

関連領域からさがす