医歯薬出版のページサイトマップ
CLINICAL REHABILITATION TOP最新号臨増・別冊バックナンバー年間定期購読
ホーム雑誌一覧Medical TechnologyVol.35 No.13 > 論文詳細
血栓・塞栓症の病態・検査・治療
35巻13号 2007年12月20日 p.1504-1511
臨時増刊 血栓・塞栓症の病態・検査・治療 10)腎移植・血液透析に伴う血栓・塞栓症 佐藤滋,石田俊哉
はじめに
 腎移植に関連した血栓・塞栓症は,術前から存在する場合や移植術によって生ずることは,ドナー,レシピエント双方にありうる.また,レシピエントでは薬剤,拒絶や全身疾患によって移植後に生ずる血栓・塞栓症がある.さらに,移植部位に限らず,全身大動静脈血管から末梢細動脈・毛細血管まであらゆる部位に発生する可能性がある.
 血液透析に関連した血栓・塞栓症も,バスキュラーアクセスに関連した血栓・塞栓ばかりでなく,腎不全や動脈硬化によるバスキュラーアクセス以外での血栓・塞栓症がある.
 本稿では,筆者らが経験した腎移植・血液透析におけるおもな血栓・塞栓症例を通して,各例での病態・検査・治療を紹介する.……(雑誌本文は続きます)
臨時増刊 血栓・塞栓症の病態・検査・治療 10)腎移植・血液透析に伴う血栓・塞栓症 佐藤滋,石田俊哉
本論文を購入 特集TOPへ戻る
血栓・塞栓症の病態・検査・治療
35巻13号 2007年12月20日
月刊(B5判,192頁)
発行時参考価格 4,200円
注文コード:296030
雑誌コード:08608-12
ダウンロード購入
当社発行の雑誌は発行から1年後に論文単位でPDFファイルのダウンロード購入が可能です.
詳細はメディカルオンライン
メディカルオンライン
お問い合わせ 会社案内 About us リンクについて オンラインショップの返品について
当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクしてください.
Copyright (C) 2021 Ishiyaku Pub,Inc.