医歯薬出版のページサイトマップ
CLINICAL REHABILITATION TOP最新号臨増・別冊バックナンバー年間定期購読
ホーム雑誌一覧Medical TechnologyVol.35 No.13 > 論文詳細
血栓・塞栓症の病態・検査・治療
35巻13号 2007年12月20日 p.1406-1408
臨時増刊 血栓・塞栓症の病態・検査・治療 4)血管造影検査 岸野充浩
はじめに
 1929 年に Dos Santos による経腰的大動脈造影が行われて以来,CT,MRI,US などの画像診断機器が発達する近年まで,血管造影検査は腫瘍・血管疾患の最終的な画像診断法として主要な役割を果たしてきた.現在はさまざまな画像診断機器の発達により血管造影の位置づけは変化しており,経カテーテル的な治療の発達も著しい.本稿では,血管造影法の手技の概略,典型症例の画像を提示する.……(雑誌本文は続きます)
臨時増刊 血栓・塞栓症の病態・検査・治療 4)血管造影検査 岸野充浩
本論文を購入 特集TOPへ戻る
血栓・塞栓症の病態・検査・治療
35巻13号 2007年12月20日
月刊(B5判,192頁)
発行時参考価格 4,200円
注文コード:296030
雑誌コード:08608-12
ダウンロード購入
当社発行の雑誌は発行から1年後に論文単位でPDFファイルのダウンロード購入が可能です.
詳細はメディカルオンライン
メディカルオンライン
お問い合わせ 会社案内 About us リンクについて オンラインショップの返品について
当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクしてください.
Copyright (C) 2021 Ishiyaku Pub,Inc.