医歯薬出版のページサイトマップ
CLINICAL REHABILITATION TOP最新号臨増・別冊バックナンバー年間定期購読
ホーム雑誌一覧Medical TechnologyVol.35 No.13 > 論文詳細
血栓・塞栓症の病態・検査・治療
35巻13号 2007年12月20日 p.1401-1404
臨時増刊 血栓・塞栓症の病態・検査・治療 3)MRA 戸村則昭
はじめに
 脳血栓症や脳塞栓症を疑った時には,通常は最初の画像診断としては単純 CT を施行する.ただ,その所見の読影には一定以上の経験と熟練を必要としており,可能であれば拡散強調像を含む MRIも施行すべきとも思われ,急性期脳血管障害の画像診断に MRI を第一選択とする施設もある.MRA は造影剤を使用しなくとも脳血管が描出され,脳血栓症や脳塞栓症の疑われる際には,責任血管の同定や両者の鑑別に有用と考えられる.
 本稿では,脳血栓症や脳塞栓症における MRAとして,頸部および頭蓋内動脈の狭窄・閉塞性病変を中心に概説する.……(雑誌本文は続きます)
臨時増刊 血栓・塞栓症の病態・検査・治療 3)MRA 戸村則昭
本論文を購入 特集TOPへ戻る
血栓・塞栓症の病態・検査・治療
35巻13号 2007年12月20日
月刊(B5判,192頁)
発行時参考価格 4,200円
注文コード:296030
雑誌コード:08608-12
ダウンロード購入
当社発行の雑誌は発行から1年後に論文単位でPDFファイルのダウンロード購入が可能です.
詳細はメディカルオンライン
メディカルオンライン
お問い合わせ 会社案内 About us リンクについて オンラインショップの返品について
当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクしてください.
Copyright (C) 2021 Ishiyaku Pub,Inc.