医歯薬出版のページサイトマップ
CLINICAL REHABILITATION TOP最新号臨増・別冊バックナンバー年間定期購読
ホーム雑誌一覧Medical TechnologyVol.35 No.13 > 論文詳細
血栓・塞栓症の病態・検査・治療
35巻13号 2007年12月20日 p.1397-1400
臨時増刊 血栓・塞栓症の病態・検査・治療 2)CT 戸村則昭
はじめに
 急性期脳梗塞を疑った際には,ほとんどの施設において CT が第一選択の放射線学的検査である.検査の簡単なこと,短時間であること,患者の観察が容易なこと,急性期脳梗塞の患者が搬送される可能性のある施設のほぼすべてで CT が検査可能であること,などの理由があげられる.
 わが国でも最近使用が可能となった組織プラスミノゲンアクチベータ(t−PA)製剤の使用にあたっても,単純 CT での梗塞の early sign が 1/3 以下であることが推奨されており,単なる出血の除外のみならず,その所見の重要性が強調されている.一方,脳梗塞と診断しても,それが血栓性梗塞か塞栓性梗塞であるかの識別は,治療上重要である.塞栓症では塞栓源の確認とその治療が不可欠となる.
 本稿では,脳梗塞,とくに塞栓性梗塞の初期像(いわゆる early sign),血栓性梗塞と塞栓性梗塞との識別,梗塞の経時変化について概説する.……(雑誌本文は続きます)
臨時増刊 血栓・塞栓症の病態・検査・治療 2)CT 戸村則昭
本論文を購入 特集TOPへ戻る
血栓・塞栓症の病態・検査・治療
35巻13号 2007年12月20日
月刊(B5判,192頁)
発行時参考価格 4,200円
注文コード:296030
雑誌コード:08608-12
ダウンロード購入
当社発行の雑誌は発行から1年後に論文単位でPDFファイルのダウンロード購入が可能です.
詳細はメディカルオンライン
メディカルオンライン
お問い合わせ 会社案内 About us リンクについて オンラインショップの返品について
当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクしてください.
Copyright (C) 2021 Ishiyaku Pub,Inc.