医歯薬出版のページサイトマップ
CLINICAL REHABILITATION TOP最新号臨増・別冊バックナンバー年間定期購読
ホーム雑誌一覧Medical TechnologyVol.35 No.13 > 論文詳細
血栓・塞栓症の病態・検査・治療
35巻13号 2007年12月20日 p.1344-1350
臨時増刊 血栓・塞栓症の病態・検査・治療 2)線溶系マーカー 小河原はつ江
はじめに
 線維素溶解(線溶)現象は,プラスミノゲンアクチベータがプラスミノゲンを活性化し,プラスミンを生ずることから始まる.プラスミンはフィブリンだけでなく,フィブリノゲンにも作用し,フィブリン/フィブリノゲン分解産物(fibrin/fibrinogen degradation products, FDP)を形成する.
 線溶には,血栓形成を認めない一次線溶(primary fibrinolysis)と,血栓形成を認める二次線溶(secondary fibrinolysis)がある.DIC(播種性血管内凝固)や静脈血栓塞栓症で起こる線溶亢進は,血栓が増大して血管を閉塞しないようにする生体防御反応であり,後者に属する.一次線溶と二次線溶の鑑別は,血栓形成やその準備状態を評価するうえでとくに重要である.線溶系分子マーカーは,線溶亢進を確認する指標として,あるいは血栓症を否定する手段として使われ,診断や治療効果の判定に役立っている.……(雑誌本文は続きます)
本論文を購入 特集TOPへ戻る
血栓・塞栓症の病態・検査・治療
35巻13号 2007年12月20日
月刊(B5判,192頁)
発行時参考価格 4,200円
注文コード:296030
雑誌コード:08608-12
ダウンロード購入
当社発行の雑誌は発行から1年後に論文単位でPDFファイルのダウンロード購入が可能です.
詳細はメディカルオンライン
メディカルオンライン
関連著書
実践 チーム医療論
インタープロフェッショナル・ヘルスケア 実践 チーム医療論 実際と教育プログラム
水本清久 ほか編著

定価 3,300円(本体 3,000円+税10%)B5判 304頁 2011年10月発行
注文コード:235570
ISBN978-4-263-23557-7

●チーム医療について,その基本と実践を解説!
詳細
買い物カゴへ追加
買い物カゴを見る
お問い合わせ 会社案内 About us リンクについて オンラインショップの返品について
当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクしてください.
Copyright (C) 2021 Ishiyaku Pub,Inc.