医歯薬出版のページサイトマップ
CLINICAL REHABILITATION TOP最新号臨増・別冊バックナンバー年間定期購読
ホーム雑誌一覧Medical TechnologyVol.35 No.13 > 論文詳細
血栓・塞栓症の病態・検査・治療
35巻13号 2007年12月20日 p.1326-1336
臨時増刊 血栓・塞栓症の病態・検査・治療 1. 止血機序と血栓症の病態 小山高敏
止血機構
血管と止血(hemostasis),血栓形成
 健常な血管内皮細胞は,血液と血管内皮下組織の単なるバリアーではなく,血小板凝集抑制因子,抗凝固因子,線溶因子を産生して積極的に抗血栓性を保っている.この血管内皮細胞が機械的ないし機能的に障害を受けると,止血機構が働く.出血が起こっている損傷部位だけに効果的な止血栓を形成するように止血機序が作動する.
 血管損傷部位には,細動脈と毛細血管内皮の収縮,血小板の血管内皮下への粘着に引き続き,血小板同士が凝集(細胞接着)して血小板血栓を形成する.ここまでを一次止血,以降を二次止血とよび,おもに血液凝固と線溶からなる.出血部位周囲の組織内圧の上昇も,部分的ではあるが出血の抑止に働く.……(雑誌本文は続きます)
臨時増刊 血栓・塞栓症の病態・検査・治療 1. 止血機序と血栓症の病態 小山高敏
本論文を購入 特集TOPへ戻る
血栓・塞栓症の病態・検査・治療
35巻13号 2007年12月20日
月刊(B5判,192頁)
発行時参考価格 4,200円
注文コード:296030
雑誌コード:08608-12
ダウンロード購入
当社発行の雑誌は発行から1年後に論文単位でPDFファイルのダウンロード購入が可能です.
詳細はメディカルオンライン
メディカルオンライン
関連著書
臨床医学総論/臨床検査医学総論
ポケットマスター臨床検査知識の整理 臨床医学総論/臨床検査医学総論 臨床検査技師国家試験出題基準対応 電子版付
新臨床検査技師教育研究会 編/小山高敏・高木康 著

定価 3,080円(本体 2,800円+税10%)新書判変 322頁 2017年11月発行
注文コード:224100
ISBN978-4-263-22410-6

●臨床検査技師向け好評学参書がリニューアル! シリーズ続々刊行予定!!
詳細
買い物カゴへ追加
買い物カゴを見る
お問い合わせ 会社案内 About us リンクについて オンラインショップの返品について
当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクしてください.
Copyright (C) 2021 Ishiyaku Pub,Inc.