医歯薬出版のページサイトマップ
臨床栄養   TOP最新号臨増・別冊バックナンバー年間定期購読
ホーム雑誌一覧臨床栄養Vol.122 No.6 > 論文詳細
122巻6号 2013年5月25日 p.849-852
 脂質異常症UPDATE2013  
かかりつけ医としての食事療法
Tsukasa Health Care Hospital
枇榔貞利
キーワード  動脈硬化性疾患予防ガイドライン,高LDL コレステロール血症,高トリグリセライド血症,低HDL コレステロール血症
はじめに  
 食事療法は,運動療法とともに生活習慣の改善の柱であるが,実臨床の場においてはなかなか実践されていないのが実情である.その原因は,食事療法は本能の1 つである食欲に対する,ある意味闘いであり,患者自身の意識の変革が必要になるためである.また,脂質異常症,高血圧,糖尿病などのいわゆる生活習慣病は,病末期に至らないと特別な自覚症状を呈さないということも,患者の治療意識を下げる要因となっている.このため,医療するわれわれの患者への啓発あるいは指導も非常に重要になってくる.
 一方,脂質異常症や高血圧に対する非常に有効な薬剤の臨床応用により,われわれ医師が安易に薬物療法に走るきらいがあることも事実である.さらに,医療する医師側の栄養学の知識の乏しさも要因の1 つと思われる.
 大学病院をはじめとして,栄養指導を行える管理栄養士が勤務する病院においては,われわれ医師も栄養食事指導箋を作成することで,実際の具体的な食事療法の指導は管理栄養士に任せることができる,しかし個人開業医や管理栄養士のいない病院では医師自らが食事療法の指導をすることになり,それなりの栄養学の知識が必要になる.
 本稿では,「動脈硬化性疾患予防ガイドライン」の作成委員として,またかかりつけ医として,動脈硬化性疾患の予防における食事療法を概説する.……(雑誌本文は続きます)
本論文を購入 特集TOPへ戻る
脂質異常症UPDATE 2013
122巻6号 2013年5月25日
月刊(B5判,228頁)
発行時参考価格 2,700円
注文コード:740820
雑誌コード:09320-05
ダウンロード購入
当社発行の雑誌は発行から1年後に論文単位でPDFファイルのダウンロード購入が可能です.
詳細はメディカルオンライン
メディカルオンライン
関連著書
脂質異常症の最新食事療法のなぜに答える 基礎編
「臨床栄養」別冊 栄養指導・管理のためのスキルアップシリーズ vol.5 脂質異常症の最新食事療法のなぜに答える 基礎編
寺本民生・木庭新治・本田佳子・朝倉比都美 編

定価 2,860円(本体 2,600円+税10%)B5判 144頁 2017年12月発行
注文コード:746370


●脂質異常症の食事療法に関する疑問や質問に 根拠をもって説明・指導できる必携の一冊!
詳細
買い物カゴへ追加
買い物カゴを見る
お問い合わせ 会社案内 About us リンクについて オンラインショップの返品について
当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクしてください.
Copyright (C) 2021 Ishiyaku Pub,Inc.