医歯薬出版のページサイトマップ
臨床栄養   TOP最新号臨増・別冊バックナンバー年間定期購読
ホーム雑誌一覧臨床栄養Vol.122 No.6 > 論文詳細
122巻6号 2013年5月25日 p.676-684
 脂質異常症UPDATE2013  
低HDLコレステロール
大阪大学大学院医学系研究科
総合地域医療学寄附講座・循環器内科学講座
山下静也
キーワード  低HDL コレステロール血症,動脈硬化,CETP 阻害薬,プロブコール
はじめに  
 血清高比重リポ蛋白コレステロール(HDL-C)の低下が冠動脈疾患をはじめとする動脈硬化性疾患の独立した危険因子であることは,数多くの疫学研究で報告されている.また,タンジール病などの遺伝性HDL 欠損症では,重症の冠動脈疾患の合併が高頻度に認められる.一方,コレステロール負荷ウサギにHDL,あるいはその主たる構成アポ蛋白であるアポ蛋白(アポ)A-Iを投与することによって,粥状動脈硬化の発症・進展が抑制されたことから,HDL は動脈硬化の発症・進展を防御する作用を有する善玉のリポ蛋白と考えられる.HDL やアポA-Iが動脈硬化巣等の末梢組織に蓄積した余剰のコレステロールを抜き出し,肝臓へ運んで処理する経路はコレステロール逆転送系(reverse cholesterol transport)とよばれ,動脈硬化防御機構として重要であり,最近その詳細が分子レベルで解明されてきた.低HDL-C 血症はコレステロール逆転送系の異常と考えられるが,低HDL-C 血症のメカニズムに関しては他稿で述べられているので,本稿では低HDL-C 血症の疫学,臨床的意義や治療について紹介する.……(雑誌本文は続きます)
 脂質異常症UPDATE2013 低HDLコレステロール 山下静也
本論文を購入 特集TOPへ戻る
脂質異常症UPDATE 2013
122巻6号 2013年5月25日
月刊(B5判,228頁)
発行時参考価格 2,700円
注文コード:740820
雑誌コード:09320-05
ダウンロード購入
当社発行の雑誌は発行から1年後に論文単位でPDFファイルのダウンロード購入が可能です.
詳細はメディカルオンライン
メディカルオンライン
関連著書
動脈硬化UPDATE
別冊「医学のあゆみ」 動脈硬化UPDATE
山下静也 編

定価 5,060円(本体 4,600円+税10%)B5判 162頁 2019年12月発行
注文コード:285100


●動脈硬化の最新研究と診断治療の最前線を各分野のエキスパートが解説!
詳細
買い物カゴへ追加
買い物カゴを見る
お問い合わせ 会社案内 About us リンクについて オンラインショップの返品について
当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクしてください.
Copyright (C) 2021 Ishiyaku Pub,Inc.