医歯薬出版のページサイトマップ
医学のあゆみTOP最新号通常号第1土曜特集号第5土曜特集号バックナンバー年間定期購読
ホーム雑誌一覧医学のあゆみ > 通常号
275巻2号 2020年10月10日
在宅医療2020
はじめに
AYUMI 在宅医療2020 はじめに 石垣泰則
  1970年代に病院医療が隆盛し,日本人の看取りの場が在宅から病院に移った.訪問診療は1980年代から取り組まれていたが,介護保険制度により在宅療養環境が整い,在宅医療は全国的な広がりを見せた.2014年に制定された医療介護総合確保推進法は,地域包括ケアシステムにより良質で持続可能な社会保障制度の確立をめざしたものである.2020年代は高齢化が進展するわが国にとってきわめて重要な10年であり,そのカギを握るのが在宅医療の充実である.
 高齢者医療から派生した在宅医療は,今やその対象は全世代であり,癌性疾患をはじめ認知症,障害者,病状が進行した慢性疾患患者,医療的ケア児まで広がる.療養の場も自宅以外にサービス付き高齢者向け住宅(サ高住)や老人ホーム,グループホームや多機能施設と多様化している.医療の内容も病院で行われる慢性期治療の多くが在宅で可能である.在宅療養者に関わりを持つのは医療者だけでなく,介護事業所,行政担当者,そして地域住民に至り,地域包括ケアは多様な価値観を持つ人々を巻き込んで実践される.
 これからは医療供給側が協力し,“治し支える医療”を提供するため有機的に機能分担することが重要で,地域差を踏まえたうえで標準的在宅医療をめざす必要がある.在宅療養者の生命・生活・生き甲斐を尊重した節度ある医療・ケアを,多職種で倫理的に提供されることが理想である.この理念をサイエンスとして確立し,医療と介護の人材教育に取り入れ,国民に対しても“自分の健康は自分で守る”という自律を促す教育を行う必要がある.
 近年,風水害をはじめ震災,新型コロナウイルス感染症など大規模かつ甚大な被害を及ぼす災害が毎年のようにわが国を襲っている.われわれの使命は災害弱者である在宅療養者を医療面で守ることであり,普段から災害時の対策を念頭に置いておく必要がある.われわれは在宅医療が来る10年間の難局をいかに乗り越えるべきか,考えなければならない.
目 次
在宅医療の最新概念――21世紀型の新しい医療の姿……蘆野吉和
地域包括ケアシステムと在宅医療――新しい健康観と規範的統合に基づく多職種連携・地域連携……佐々木淳
在宅医療を舞台とした地域医療連携――医療を継続するために病院と診療所が協働する……吉澤明孝・吉澤孝之
在宅医療分野における医師会の展望――在宅医療を支えるこれまでの医師会活動とこれからの医師会活動……村井邦彦
在宅医療と臨床倫理――節度ある医療を提供するために……今村昌幹
在宅医療の教育と研究――在宅医療のエビデンス構築と普及のために……山中崇
災害の時代における在宅医療――多様化する大規模災害に備える……古屋聡
在宅医療における市民との対話――自律する患者との協働作業……鶴岡優子・鶴岡浩樹
TOPICS
【アレルギー学】
マダニに咬まれると牛肉アレルギーになる?……橋爪秀夫 
【社会医学】
看護・介護労働における腰痛予防対策と今後の課題――ノーリフティング原則に基づいたケアの必要性……冨田川智志・北原照代 
【神経内科学】
筋肉由来の神経筋支配必須因子25型コラーゲンの機能と疾患……若林朋子 
連載
【再生医療はどこまで進んだか】
15.再生医療が切り開く炎症性腸疾患治療の新時代――炎症性腸疾患に対する腸幹細胞移植の開発と展望……高橋純一・他 
【臨床医が知っておくべき最新の基礎免疫学】
8.骨免疫学:創成から応用へ……室龍之介・高柳広 
【バイオミメティクス(生体模倣技術)の医療への応用】
4.生物に学ぶ胆管ステントの開発――バイオミメティクスを用いた防汚機能を有する胆管ステントの検討……関口淳 
フォーラム
【天才の精神分析――病跡学(パトグラフィ)への誘い】
3.夏目漱石I――その幼時体験……高橋正雄 
書評
『管理監督者・人事労務担当者・産業医のための労働災害リスクマネジメントの実務』(佐久間大輔 著)……萬木浩 
週刊「医学のあゆみ」のご注文
在宅医療2020
275巻2号 2020年10月10日
週刊(B5判,70頁)
定価 1,430円(本体 1,300円+税10%)
注文コード:927502
雑誌コード:20472-10/10
買い物カゴへ追加
買い物カゴを見る
お問い合わせ 会社案内 About us リンクについて オンラインショップの返品について
当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクしてください.
Copyright (C) 2021 Ishiyaku Pub,Inc.