医歯薬出版のページサイトマップ
医学のあゆみTOP最新号通常号第1土曜特集号第5土曜特集号バックナンバー年間定期購読
ホーム雑誌一覧医学のあゆみ265巻5号 > 論文詳細
遺伝子治療の新局面5月第1土曜特集
265巻5号 2018年5月5日 p.452-456
第1土曜特集 遺伝子治療の新局面 肝細胞増殖因子の多面的効果と遺伝子治療の現状 眞田文博・森下竜一
サマリー   末梢動脈性疾患(PAD)は動脈硬化症をおもな病因とする疾患で,欧米では100万人あたり年間500〜1,000人が新規にPADを発症し,55〜70歳の4〜12%が罹患している.動脈硬化性病変を基盤としているため,PAD患者の心血管死亡率は健常人に比較して3〜6倍高く,およそ50%の患者は心血管疾患(CVD)を合併している.そのためACCF/AHAのガイドラインではPAD患者において,徹底したCVDの二次予防を勧告している.これまでに多くの薬剤(スタチン,RAS系阻害剤,抗血小板剤)が使用され,CVDに対する予後改善の有効性が示されているが,残念ながら現時点でPAD患者の下肢血流を改善する薬は存在していない.また,解剖学的な理由,動脈硬化病変の性質などから,外科治療や血管内治療の適応とならない多くの患者が存在する.遺伝子治療はこのような治療オプションのない患者へのあらたな治療戦略として確立されてきている.PADに対する遺伝子治療について,とくに血管内皮増殖因子,線維芽細胞増殖因子,肝細胞増殖因子を用いた遺伝子治療が行われているが,前臨床試験と臨床試験の結果に乖離がみられる.同じ血管新生増殖因子でも,申請血管の性質,動脈硬化リスクファクターへの作用は異なる.本稿では,これら3つの血管新生増殖因子のこれまでの臨床試験結果と作用機序の差について検討したい.
キーワード  肝細胞増殖因子,遺伝子治療,血管新生
第1土曜特集 遺伝子治療の新局面 肝細胞増殖因子の多面的効果と遺伝子治療の現状 眞田文博・森下竜一
本誌を購入 特集TOPへ戻る
週刊「医学のあゆみ」のご注文
遺伝子治療の新局面
265巻5号 2018年5月5日
週刊(B5判,172頁)
定価 2,592円(本体 2,400円+税8%)
注文コード:926505
雑誌コード:20471-5/5
買い物カゴへ追加
買い物カゴを見る
お問い合わせ 会社案内 About us リンクについて オンラインショップの返品について
当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクしてください.
Copyright (C) 2019 Ishiyaku Pub,Inc.