医歯薬出版のページサイトマップ
医学のあゆみTOP最新号通常号第1土曜特集号第5土曜特集号バックナンバー年間定期購読
ホーム雑誌一覧医学のあゆみ265巻5号 > 論文詳細
遺伝子治療の新局面5月第1土曜特集
265巻5号 2018年5月5日 p.439-443
第1土曜特集 遺伝子治療の新局面 遺伝性網膜変性疾患に対する遺伝子治療の現状 池田康博
サマリー   網膜色素変性を代表とする遺伝性網膜変性疾患は,眼科領域の難治性疾患である.現時点で有効な治療法がないため,患者は失明の恐怖に曝されている.この遺伝性網膜変性疾患に対し,iPS細胞による網膜再生療法などと並んで期待されているアプローチが遺伝子治療である.近年,欧米からは臨床応用の結果が数多く報告されており,その安全性と治療効果が確認されつつあるが,ついにアメリカではレーバー先天盲に対する遺伝子治療薬が認可された.国内でも,九州大学病院において網膜色素変性に対する視細胞保護遺伝子治療の臨床応用がスタートし,医師主導治験が実施される見込みとなっている.遺伝子治療が遺伝性網膜変性疾患の標準治療となる時代が確実に近づいてきているようだ.
キーワード  レーバー先天盲,コロイデレミア,網膜色素変性,視細胞保護遺伝子治療
第1土曜特集 遺伝子治療の新局面 遺伝性網膜変性疾患に対する遺伝子治療の現状 池田康博
本論文を購入 特集TOPへ戻る
遺伝子治療の新局面
265巻5号 2018年5月5日
週刊(B5判,172頁)
発行時参考価格 2,400円
注文コード:926505
雑誌コード:20471-5/5
本号は別冊化されています
遺伝子治療の新局面  
遺伝子治療の新局面

小野寺雅史 編
ダウンロード購入
『医学のあゆみ』は発行から1年後に論文単位で全文検索可能なPDFファイルのダウンロード購入ができます.
詳細はPierOnline
Pier Online
当社発行の雑誌は発行から1年後に論文単位でPDFファイルのダウンロード購入が可能です.
詳細はメディカルオンライン
メディカルオンライン
お問い合わせ 会社案内 About us リンクについて オンラインショップの返品について
当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクしてください.
Copyright (C) 2019 Ishiyaku Pub,Inc.