医歯薬出版のページサイトマップ
医学のあゆみTOP最新号通常号第1土曜特集号第5土曜特集号バックナンバー年間定期購読
ホーム雑誌一覧医学のあゆみ265巻5号 > 論文詳細
遺伝子治療の新局面5月第1土曜特集
265巻5号 2018年5月5日 p.344-350
第1土曜特集 遺伝子治療の新局面 AAVベクター──開発の歴史と最近の話題 島田隆
サマリー   アデノ随伴ウイルス(AAV)は一本鎖DNAをゲノムとする小型ウイルスで,ヒトには感染できるが病原性は知られていない.遺伝子治療のためのウイルスベクターの研究がはじまってから,安全なウイルスとして注目されるようになった.動物実験で,筋肉細胞や神経細胞などの非分裂細胞に高い効率で遺伝子導入が可能であることが明らかになり,in vivo遺伝子治療のベクターとして開発が行われてきた.AAVベクターを使った遺伝子治療では,ベクターに対する免疫反応,生殖細胞への遺伝子導入,挿入変異の可能性などが議論になっているが,これまでの臨床研究で重篤な副作用は起きていない.最近では遺伝性網膜疾患,血友病,神経変性疾患などに対する臨床研究で有効性が確認されている.すでに複数のAAVベクターが医薬品としての販売が承認されている.あらたにAAVベクターを使ったゲノム編集の技術開発も開始されている.AAVベクターの臨床応用はさらに広がっていくものと思われる.
キーワード  アデノ随伴ウイルス(AAV),遺伝子治療,レーバー黒内障,血友病
第1土曜特集 遺伝子治療の新局面 AAVベクター──開発の歴史と最近の話題 島田隆
本論文を購入 特集TOPへ戻る
遺伝子治療の新局面
265巻5号 2018年5月5日
週刊(B5判,172頁)
発行時参考価格 2,400円
注文コード:926505
雑誌コード:20471-5/5
本号は別冊化されています
遺伝子治療の新局面  
遺伝子治療の新局面

小野寺雅史 編
ダウンロード購入
『医学のあゆみ』は発行から1年後に論文単位で全文検索可能なPDFファイルのダウンロード購入ができます.
詳細はPierOnline
Pier Online
当社発行の雑誌は発行から1年後に論文単位でPDFファイルのダウンロード購入が可能です.
詳細はメディカルオンライン
メディカルオンライン
お問い合わせ 会社案内 About us リンクについて オンラインショップの返品について
当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクしてください.
Copyright (C) 2019 Ishiyaku Pub,Inc.