医歯薬出版のページサイトマップ
医学のあゆみTOP最新号通常号第1土曜特集号第5土曜特集号バックナンバー年間定期購読
ホーム雑誌一覧医学のあゆみ260巻3号 > 論文詳細
NICUの現状と課題−臨床と研究の最新情報
260巻3号 2017年1月21日 p.237-240
AYUMI NICUの現状と課題――臨床と研究の最新情報 新生児医療の倫理的課題 加部一彦
サマリー   1980年代以降,わが国の新生児医療は飛躍的に進歩し,周産期母子医療センターの整備とも相まって,いまでは“世界でもっとも新生児死亡率の低い国”となっている.この間,1991年に母体保護法の改正により人工妊娠中絶の認められる妊娠週数が21週までに引き下げられ,それまでは積極的には治療の対象にはならなかった在胎22週,23週で出生する早産児のNICU入院や,呼吸管理,循環管理など医療技術の進歩によって,より積極的な治療を受ける重篤な新生児が増加した.新生児医療の進歩は他方でNICU長期入院児や,重度心身障害児の増加などあらたな課題を生み出すこととなり,ともすれば児に対する医療的介入が“過剰な治療”“行きすぎた延命処置”と批判されることとなった.新生児医療の進歩がさまざまな倫理的課題を提起する一方で,その多くに対してはいぜんとして十分な議論が行われているとはいいがたい現状がある.本稿では新生児医療におけるこれらの倫理的課題について,いくつかの事例を提示し概説する.
キーワード  倫理的ジレンマ,話し合いのガイドライン,医療ネグレクト,医学的無益
本論文を購入 特集TOPへ戻る
NICUの現状と課題
260巻3号 2017年1月21日
週刊(B5判,70頁)
発行時参考価格 1,300円
注文コード:926003
雑誌コード:20473-1/21
ダウンロード購入
『医学のあゆみ』は発行から1年後に論文単位で全文検索可能なPDFファイルのダウンロード購入ができます.
詳細はPierOnline
Pier Online
当社発行の雑誌は発行から1年後に論文単位でPDFファイルのダウンロード購入が可能です.
詳細はメディカルオンライン
メディカルオンライン
お問い合わせ 会社案内 About us リンクについて オンラインショップの返品について
当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクしてください.
Copyright (C) 2019 Ishiyaku Pub,Inc.