医歯薬出版のページサイトマップ
医学のあゆみTOP最新号通常号第1土曜特集号第5土曜特集号バックナンバー年間定期購読
ホーム雑誌一覧医学のあゆみ260巻3号 > 論文詳細
NICUの現状と課題−臨床と研究の最新情報
260巻3号 2017年1月21日 p.226-230
AYUMI NICUの現状と課題――臨床と研究の最新情報 新生児の脳機能――胎生期からの連続性 城所博之
サマリー   最近の神経生理・神経画像研究の進歩から,胎生期から新生児期にかけての脳の構造的・機能的発達過程が徐々に解明されてきた.新生児にとって睡眠は脳の発達に重要である.1日16〜17時間の睡眠の半分は動睡眠(≒レム睡眠)である.発達初期の動睡眠では,体動や急速眼球運動から生じる求心性刺激が脳の発達を推進するのに役立つ.胎生期に一過性に認めるサブプレート(SP)ニューロンは活動依存的発達の主要な要素であり,一次感覚野の機能マップ(体性感覚地図,網膜地図)の形成に必須である.今後,ヒトの知能・認知・言語の発達メカニズムの詳細を新生児期から明らかにすることが,精神疾患や知的障害のメカニズムを解明するうえで重要である.
キーワード  新生児,胎児,脳機能,脳波,サブプレート(SP)ニューロン
本論文を購入 特集TOPへ戻る
NICUの現状と課題
260巻3号 2017年1月21日
週刊(B5判,70頁)
発行時参考価格 1,300円
注文コード:926003
雑誌コード:20473-1/21
ダウンロード購入
『医学のあゆみ』は発行から1年後に論文単位で全文検索可能なPDFファイルのダウンロード購入ができます.
詳細はPierOnline
Pier Online
当社発行の雑誌は発行から1年後に論文単位でPDFファイルのダウンロード購入が可能です.
詳細はメディカルオンライン
メディカルオンライン
お問い合わせ 会社案内 About us リンクについて オンラインショップの返品について
当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクしてください.
Copyright (C) 2019 Ishiyaku Pub,Inc.