医歯薬出版のページサイトマップ
医学のあゆみTOP最新号通常号第1土曜特集号第5土曜特集号バックナンバー年間定期購読
ホーム雑誌一覧医学のあゆみ260巻3号 > 論文詳細
NICUの現状と課題−臨床と研究の最新情報
260巻3号 2017年1月21日 p.201-207
AYUMI NICUの現状と課題――臨床と研究の最新情報 わが国のNICUが抱える喫緊の社会的課題 田村正徳
サマリー   “墨東病院事件”を受けて明らかになったNICU不足の対策として,厚生労働省は平成21年(2009)の周産期医療整備指針で,10,000出生当りのNICU必要病床数を20から25〜30に上げた.官民をあげた取組みの結果,この目標数は平成26年(2014)には達成されたが,そこで働く新生児医師数は横ばいであるため,平均的な業務量が1.5倍になったうえに,地域格差がきわめて顕著になるというあらたな課題が問題化している.日本周産期・新生児医学会の新生児専門医の増加も頭打ちになっている今,この課題を解決するためには看護師をはじめとする多職種協働が喫緊の対策と考えられる.
キーワード  ハイリスク新生児,墨東病院事件,NICU長期入院児,NICU病床数,NICU常勤医,地域格差
AYUMI NICUの現状と課題――臨床と研究の最新情報 わが国のNICUが抱える喫緊の社会的課題 田村正徳
本論文を購入 特集TOPへ戻る
NICUの現状と課題
260巻3号 2017年1月21日
週刊(B5判,70頁)
発行時参考価格 1,300円
注文コード:926003
雑誌コード:20473-1/21
ダウンロード購入
『医学のあゆみ』は発行から1年後に論文単位で全文検索可能なPDFファイルのダウンロード購入ができます.
詳細はPierOnline
Pier Online
当社発行の雑誌は発行から1年後に論文単位でPDFファイルのダウンロード購入が可能です.
詳細はメディカルオンライン
メディカルオンライン
お問い合わせ 会社案内 About us リンクについて オンラインショップの返品について
当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクしてください.
Copyright (C) 2019 Ishiyaku Pub,Inc.