医歯薬出版のページサイトマップ
医学のあゆみTOP最新号通常号第1土曜特集号第5土曜特集号バックナンバー年間定期購読
ホーム雑誌一覧医学のあゆみ258巻1号 > 論文詳細
がん微小環境の病態理解と制御7月第1土曜特集
258巻1号 2016年7月2日 p.47-56
第1土曜特集 がん微小環境の病態理解と制御 がんの臓器特異的転移を決定する転移ニッチ 瀧田守親・丸義朗
サマリー   古くから,がんはその原発部位により転移しやすい臓器が異なることが知られていたが,がん転移の臓器特異性を決定する因子やそのメカニズムは不明であった.近年,がんの転移と再発には,がん細胞と宿主由来細胞との細胞間相互作用とそれによって形成されるがん転移微小環境(転移ニッチ)の重要性が明らかになってきた.本稿ではがんの肺と骨における転移ニッチに焦点を絞り,臓器特異性を決定する転移ニッチ調節因子について紹介する.がん細胞が転移するのに先立って,原発巣の腫瘍から転移前ニッチ調節因子(S100A8,SAA3,CCL2,LOXなど)が産生され,これら因子によりあらかじめ転移予定先の肺などにCD11b骨髄由来細胞が動員され,がん細胞の転移と増殖を支持する転移前ニッチが形成される.一方,少数のがん幹細胞が肺や骨などの標的臓器に到達後,転移後ニッチ調節因子(VCAM-1,TGF-β,PGE2,ペリオスチンなど)が産生され,がん細胞の休眠状態での生存や再発ならびに骨においては骨病変形成に適した転移後ニッチが形成される.がんの転移の臓器特異性はこれら転移ニッチ調節因子によって決定されることが解明されつつある.今後はこれら転移ニッチ調節因子を標的とする分子標的薬の開発を行い,転移ニッチを阻害してがんの転移と再発を防ぐ治療薬の臨床応用が望まれる.
キーワード  がん転移,転移ニッチ,臓器特異的転移,肺転移,骨転移
第1土曜特集 がん微小環境の病態理解と制御 がんの臓器特異的転移を決定する転移ニッチ 瀧田守親・丸義朗
本論文を購入 特集TOPへ戻る
週刊「医学のあゆみ」のご注文
がん微小環境の病態理解と制御
258巻1号 2016年7月2日
週刊(B5判,100頁)
発行時参考価格 2,400円
注文コード:925801
雑誌コード:20471-7/2
品切れ
電子版の購入

本書は電子版を販売しています.

以下のウェブサイトで論文単位の購入が可能です.

Pier Onlineメディカルオンライン

※リンク先は医歯薬出版株式会社のウェブサイトではありません.利用方法等は各ウェブサイトへお問い合わせください.

お問い合わせ 会社案内 About us リンクについて オンラインショップの返品について
当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクしてください.
Copyright (C) 2022 Ishiyaku Pub,Inc.