医歯薬出版のページサイトマップ
医学のあゆみTOP最新号通常号第1土曜特集号第5土曜特集号バックナンバー年間定期購読
ホーム雑誌一覧医学のあゆみ257巻1号 > 論文詳細
がん放射線療法Update 20164月第1土曜特集
257巻1号 2016年4月2日 p.111-115
第1土曜特集 がん放射線療法Update2016 前立腺癌に対する小線源療法 吉岡靖生
サマリー   前立腺癌の根治治療には手術療法と放射線療法とがあり,放射線療法は外照射と小線源療法とに分類される.小線源療法にはさらに,弱い線源を永久的に前立腺に埋め込む低線量率小線源療法と,強い線源を一時的に挿入する高線量率組織内照射とがある.歴史的に低線量率小線源療法は低リスク前立腺癌に対する標準治療のひとつと位置づけられ,手術や外照射と同等の治療成績とされてきた.近年,中-高リスク前立腺癌に対しても外照射併用などの工夫により標準治療とみなされはじめており,一部には小線源療法は外照射よりも生化学的制御率が高いという報告も出はじめている.高線量率組織内照射はより均一な線量分布や前立腺被膜外への治療可能性などの利点をもち,理論上さらに優れた成績が得られる可能性がある.小線源療法は本質的に線量集中性が高く,周囲正常組織の被曝を最小限にしつつ癌組織に高い線量を与えられる照射法である.医療コストも安価で治療期間も短い本治療法は,今後さらなる普及が期待される.
キーワード  前立腺癌,放射線療法,小線源治療,低線量率小線源療法,高線量率組織内照射
本論文を購入 特集TOPへ戻る
週刊「医学のあゆみ」のご注文
がん放射線療法Update 2016
257巻1号 2016年4月2日
週刊(B5判,100頁)
発行時参考価格 2,400円
注文コード:925701
雑誌コード:20471-4/2
品切れ
本号は別冊化されています
がん放射線療法UPDATE  
がん放射線療法UPDATE

小口正彦 編
電子版の購入

本書は電子版を販売しています.

以下のウェブサイトで論文単位の購入が可能です.

Pier Onlineメディカルオンライン

※リンク先は医歯薬出版株式会社のウェブサイトではありません.利用方法等は各ウェブサイトへお問い合わせください.

お問い合わせ 会社案内 About us リンクについて オンラインショップの返品について
当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクしてください.
Copyright (C) 2021 Ishiyaku Pub,Inc.