医歯薬出版のページサイトマップ
医学のあゆみTOP最新号通常号第1土曜特集号第5土曜特集号バックナンバー年間定期購読
ホーム雑誌一覧医学のあゆみ257巻1号 > 論文詳細
がん放射線療法Update 20164月第1土曜特集
257巻1号 2016年4月2日 p.63-68
第1土曜特集 がん放射線療法Update2016 HPV関連中咽頭癌――QOL向上をめざした治療へ 利安隆史
サマリー   中咽頭癌ではヒトパピローマウイルス(HPV)の関与が知られており,近年,欧米のみならずわが国にてもHPV関連中咽頭癌は増加にある.HPV関連中咽頭癌は従来の喫煙や飲酒に伴う頭頸部癌とは病理組織学的にも異なり,放射線や化学療法への反応性も良好であり,HPV因子は頭頸部癌治療において強力な予後因子であることが報告されている1-6).頭頸部癌治療は手術,放射線治療,化学療法を組み合わせた治療を行うが,いずれも利点・欠点を伴い,副作用も異なる.癌治療において当然,治癒が最大の目標であるが,頭頸部領域など重要な臓器・機能が集中している領域においてはとくに副作用や合併症を軽減することは重要な課題である.HPV関連中咽頭癌は予後良好な疾患群であり,その長期生存を考えるとき,よりQOL(Quality of Life)を重視した治療法選択が望まれる.実際は,頭頸部癌においてHPV因子と喫煙・飲酒などの発癌因子は混在しており,また遺伝子レベルにおいてはさらに複雑にリンクしている.HPV関連腫瘍の適切な選別を行い,それに対し最適な個別化治療を行うことが理想である.本稿では,それらに対する知見をまとめる.
キーワード  中咽頭癌,ヒトパピローマウイルス(HPV),放射線治療
第1土曜特集 がん放射線療法Update2016 HPV関連中咽頭癌――QOL向上をめざした治療へ 利安隆史
本論文を購入 特集TOPへ戻る
週刊「医学のあゆみ」のご注文
がん放射線療法Update 2016
257巻1号 2016年4月2日
週刊(B5判,100頁)
発行時参考価格 2,400円
注文コード:925701
雑誌コード:20471-4/2
品切れ
本号は別冊化されています
がん放射線療法UPDATE  
がん放射線療法UPDATE

小口正彦 編
電子版の購入

本書は電子版を販売しています.

以下のウェブサイトで論文単位の購入が可能です.

Pier Onlineメディカルオンライン

※リンク先は医歯薬出版株式会社のウェブサイトではありません.利用方法等は各ウェブサイトへお問い合わせください.

お問い合わせ 会社案内 About us リンクについて オンラインショップの返品について
当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクしてください.
Copyright (C) 2021 Ishiyaku Pub,Inc.