医歯薬出版のページサイトマップ
医学のあゆみTOP最新号通常号第1土曜特集号第5土曜特集号バックナンバー年間定期購読
ホーム雑誌一覧医学のあゆみ257巻1号 > 論文詳細
がん放射線療法Update 2016
257巻1号 2016年4月2日 p.29-33
第1土曜特集 がん放射線療法Update2016 分子標的薬と放射線治療 中村聡明
サマリー   多くの局所進行がんにて標準治療と位置づけられている化学放射線治療は,高い治療効果の反面,有害事象も強い.対して分子標的薬は,正常細胞には影響せずにがん細胞だけに標準を合わせる治療法として,安全で高い効果が期待されている.固形がんでは上皮成長因子受容体と血管内皮細胞増殖因子を標的にした薬剤が多い.分子標的薬と(化学)放射線治療との併用治療は,両標的をおもな対象に,頭頸部がん,非小細胞肺がん,食道がん,悪性神経膠腫などで第三相臨床試験が行われてきた.しかし生存への寄与を示したのは,局所進行頭頸部がんを対象に,放射線治療単独に対して上皮成長因子受容体阻害薬であるcetuximabの上乗せ効果を示したBonner試験のみである.血管内皮細胞増殖因子を標的とした分子標的薬の有害事象として,消化管出血や消化管穿孔がある.腹部への放射線治療時にこれらと併用することで消化管障害が増す可能性が指摘されており,注意を払う必要がある.
キーワード  上皮成長因子受容体(EGFR),血管内皮細胞増殖因子(VEGF),化学放射線治療(CRT)
第1土曜特集 がん放射線療法Update2016 分子標的薬と放射線治療 中村聡明
本論文を購入 特集TOPへ戻る
がん放射線療法Update 2016
257巻1号 2016年4月2日
週刊(B5判,100頁)
発行時参考価格 2,400円
注文コード:925701
雑誌コード:20471-4/2
本号は別冊化されています
がん放射線療法UPDATE  
がん放射線療法UPDATE

小口正彦 編
ダウンロード購入
『医学のあゆみ』は発行から1年後に論文単位で全文検索可能なPDFファイルのダウンロード購入ができます.
詳細はPierOnline
Pier Online
当社発行の雑誌は発行から1年後に論文単位で全文検索可能なPDFファイルのダウンロード購入ができます.
詳細はDigital e-hon
Digital e-hon
当社発行の雑誌は発行から1年後に論文単位でPDFファイルのダウンロード購入が可能です.
詳細はメディカルオンライン
メディカルオンライン
お問い合わせ 会社案内 About us リンクについて オンラインショップの返品について
当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクしてください.
Copyright (C) 2017 Ishiyaku Pub,Inc.