医歯薬出版のページサイトマップ
医学のあゆみTOP最新号通常号第1土曜特集号第5土曜特集号バックナンバー年間定期購読
ホーム雑誌一覧医学のあゆみ254巻12号 > 論文詳細
プロスタグランジンと炎症
254巻12号 2015年9月19日 p.1109-1114
AYUMI プロスタグランジンと炎症 プロスタグランジンによるリンパ管新生とリンパ組織可塑性の制御 馬嶋正隆・細野加奈子
サマリー   リンパ管,リンパ組織は,血管とともに生体内の恒常性の維持や免疫応答など生理的に重要な役割を担っているだけでなく,炎症や悪性腫瘍の転移などの病態の進展にも関与している.慢性増殖性炎症モデルにおける肉芽生成に伴って認められるリンパ管新生は,シクロオキシゲナーゼ(COX)-2由来のプロスタグランジン(PG)で増強するが,“ファイブロブラスト”およびマクロファージでのPGE2のEP3/EP4受容体を介したシグナリングが重要であることが判明した.また,癌のリンパ節転移をいかに抑制するかは,癌患者予後を考えるときに吃緊の課題である.多くの腫瘍で,転移前段階(premetastatic phase)において,何らかの分子機構によって特定の器官により転移しやすい傾向があることが広く知られており,この転移を助長する状況(premetastatic niche)を形成することで転移を促進することが血行性転移の過程で報告されている.肺癌リンパ節転移モデルにおいて癌のリンパ節転移に先立って,COX-2由来のPGがリンパ組織の可塑性を制御し,niche形成に役割をもっていることが判明した.病態時のリンパ管新生,リンパ組織の可塑性を制御するPG研究の成果は,多くの難治性の疾患治療に進展をもたらすことが期待される.
キーワード  プロスタグランジン,リンパ管新生,リンパ節転移,炎症,浮腫
AYUMI プロスタグランジンと炎症 プロスタグランジンによるリンパ管新生とリンパ組織可塑性の制御 馬嶋正隆・細野加奈子
本論文を購入 特集TOPへ戻る
プロスタグランジンと炎症
254巻12号 2015年9月19日
週刊(B5判,70頁)
発行時参考価格 1,100円
注文コード:925412
雑誌コード:20473-9/19
ダウンロード購入
『医学のあゆみ』は発行から1年後に論文単位で全文検索可能なPDFファイルのダウンロード購入ができます.
詳細はPierOnline
Pier Online
当社発行の雑誌は発行から1年後に論文単位でPDFファイルのダウンロード購入が可能です.
詳細はメディカルオンライン
メディカルオンライン
お問い合わせ 会社案内 About us リンクについて オンラインショップの返品について
当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクしてください.
Copyright (C) 2020 Ishiyaku Pub,Inc.