医歯薬出版のページサイトマップ
医学のあゆみTOP最新号通常号第1土曜特集号第5土曜特集号バックナンバー年間定期購読
ホーム雑誌一覧医学のあゆみ254巻12号 > 論文詳細
プロスタグランジンと炎症
254巻12号 2015年9月19日 p.1097-1102
AYUMI プロスタグランジンと炎症 プロスタグランジンと炎症慢性化 青木友浩
サマリー   慢性炎症は,慢性経過をたどる癌や血管病,代謝異常症など種々の疾患において共通の病態形成基盤であることが近年の検討より明らかとなってきた.慢性炎症は,急性炎症反応が単に時間的に継続したものではなく,質的な差異がある現象であると考えられている.近年の検討より,炎症の慢性化に急性炎症の仲介因子として認知されてきたプロスタグランジン経路が寄与することが明らかとなった.プロスタグランジン経路は,炎症の慢性化過程においてプロスタグランジン産生酵素シクロオキシゲナーゼ誘導を介して正のフィードバック経路を形成し,炎症反応の遷延化や増幅をもたらす.また同経路は,他のサイトカインと協調的に機能し炎症局所に存在するサイトカインにより惹起された炎症反応を増幅する.さらに,細胞遊走因子の誘導を介し炎症部位への炎症細胞浸潤を促進することにより,炎症反応を増悪させるとともに炎症局所で炎症反応を担う細胞種を変化させ,炎症の質的変容をもたらす.これら複数の機構により,プロスタグランジン経路は炎症慢性化を制御する.そのため,同経路は慢性炎症を制御する主要な経路のひとつであると考えられる.それゆえ,さまざまな社会的に重要な疾患の創薬標的ともなりうる.
キーワード  プロスタグランジン,慢性炎症,フィードバック経路,協調作用,炎症細胞浸潤
AYUMI プロスタグランジンと炎症 プロスタグランジンと炎症慢性化 青木友浩
本論文を購入 特集TOPへ戻る
プロスタグランジンと炎症
254巻12号 2015年9月19日
週刊(B5判,70頁)
発行時参考価格 1,100円
注文コード:925412
雑誌コード:20473-9/19
ダウンロード購入
『医学のあゆみ』は発行から1年後に論文単位で全文検索可能なPDFファイルのダウンロード購入ができます.
詳細はPierOnline
Pier Online
当社発行の雑誌は発行から1年後に論文単位でPDFファイルのダウンロード購入が可能です.
詳細はメディカルオンライン
メディカルオンライン
お問い合わせ 会社案内 About us リンクについて オンラインショップの返品について
当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクしてください.
Copyright (C) 2020 Ishiyaku Pub,Inc.