医歯薬出版のページサイトマップ
医学のあゆみTOP最新号通常号第1土曜特集号第5土曜特集号バックナンバー年間定期購読
ホーム雑誌一覧医学のあゆみ254巻12号 > 論文詳細
プロスタグランジンと炎症
254巻12号 2015年9月19日 p.1091-1096
AYUMI プロスタグランジンと炎症 急性炎症にかかわるプロスタグランジンとその働き 杉本幸彦
サマリー   急性炎症のおもな症状は,局所における発赤,熱感,浮腫,疼痛,さらには中枢を介した発熱や視床下部-下垂体前葉-副腎皮質系応答なども含まれる.アスピリンに代表される非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)は,これらの炎症症状を鎮めることから,これら症状はプロスタグランジン(PG)の作用として説明できると考えられてきた.実際,PG受容体欠損マウスや受容体選択的薬物を用いた解析によって,各症状にかかわるPGやその受容体,作用機序が明らかとなった.その結果,急性炎症の各症状を発現する末梢や中枢の部位において,PGは共通の作用様式ではなく,部位ごとに異なる受容体・作用機序を介して,さまざまな作用を発揮していることがわかった.本稿では,急性炎症の各症状にかかわるPG受容体とその分子機構について概説し,NSAIDs作用との相関について考察する.
キーワード  アスピリン, prostanoid, edema, hyperalgesia, fever
AYUMI プロスタグランジンと炎症 急性炎症にかかわるプロスタグランジンとその働き 杉本幸彦
本論文を購入 特集TOPへ戻る
プロスタグランジンと炎症
254巻12号 2015年9月19日
週刊(B5判,70頁)
発行時参考価格 1,100円
注文コード:925412
雑誌コード:20473-9/19
ダウンロード購入
『医学のあゆみ』は発行から1年後に論文単位で全文検索可能なPDFファイルのダウンロード購入ができます.
詳細はPierOnline
Pier Online
当社発行の雑誌は発行から1年後に論文単位でPDFファイルのダウンロード購入が可能です.
詳細はメディカルオンライン
メディカルオンライン
お問い合わせ 会社案内 About us リンクについて オンラインショップの返品について
当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクしてください.
Copyright (C) 2020 Ishiyaku Pub,Inc.