医歯薬出版のページサイトマップ
医学のあゆみTOP最新号通常号第1土曜特集号第5土曜特集号バックナンバー年間定期購読
ホーム雑誌一覧医学のあゆみ254巻10号 > 論文詳細
アルコール医学・医療の最前線2015Update9月第1土曜特集
254巻10号 2015年9月5日 p.983-987
第1土曜特集 アルコール医学・医療の最前線2015 Update アルコール関連問題の早期介入プログラム:HAPPY 杠岳文
サマリー   わが国のアルコール医療はこれまで長くアルコール依存症患者を対象に,断酒を唯一の治療目標としてきた.一方で,認知行動療法の導入など治療技法の改良はされたものの治療成績は2年後の完全断酒率約2割からあまり改善されていない.アルコール使用障害も早期に飲酒量低減を目標に介入することにより健康被害も少なく効率的に行動変容が起こることが確認され,その介入技法としてブリーフインターベンション(BI)が開発され,1980年代以後欧米を中心に発展してきた.わが国ではBIに情報提供の要素を加え集団にも適応可能にしたHAPPYが,減酒支援のツールとして生活習慣病や飲酒運転対策に職域などで使用されている.アルコール依存症治療の経験のないさまざまな職種のコメディカルスタッフが,医師がいない状況でも比較的容易にクライアントのニーズに応じて介入できるよう各種のツールを用意し,パッケージ化したものがHAPPYである.
キーワード  危険な飲酒,多量飲酒,飲酒量低減,ブリーフインターベンション(BI),HAPPY
第1土曜特集 アルコール医学・医療の最前線2015 Update アルコール関連問題の早期介入プログラム:HAPPY 杠岳文
本論文を購入 特集TOPへ戻る
週刊「医学のあゆみ」のご注文
アルコール医学・医療の最前線2015Update
254巻10号 2015年9月5日
週刊(B5判,100頁)
発行時参考価格 2,400円
注文コード:925410
雑誌コード:20471-9/5
品切れ
電子版の購入

本書は電子版を販売しています.

以下のウェブサイトで論文単位の購入が可能です.

Pier Onlineメディカルオンライン

※リンク先は医歯薬出版株式会社のウェブサイトではありません.利用方法等は各ウェブサイトへお問い合わせください.

お問い合わせ 会社案内 About us リンクについて オンラインショップの返品について
当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクしてください.
Copyright (C) 2022 Ishiyaku Pub,Inc.