医歯薬出版のページサイトマップ
医学のあゆみTOP最新号通常号第1土曜特集号第5土曜特集号バックナンバー年間定期購読
ホーム雑誌一覧医学のあゆみ254巻10号 > 論文詳細
アルコール医学・医療の最前線2015Update9月第1土曜特集
254巻10号 2015年9月5日 p.949-953
第1土曜特集 アルコール医学・医療の最前線2015 Update アルコールの精神作用と依存症の関連 松下幸生・樋口進
サマリー   アルコール依存症の成因はさまざまであるが,遺伝因子が関与することは確実である.しかし,環境要因も同じ程度に関与するため,アルコール依存症は疾患異質性が高く,依存症と非依存症間で遺伝子を比較しても具体的な遺伝子はアルコール代謝酵素関連遺伝子を除いて特定されていない.そこで,生物学的なマーカーに注目して関連する遺伝子をみつける方法が考えられている.そのマーカーの有力な候補のひとつとしてアルコールに対する反応が注目されている.アルコールに対する反応は,定量化できて,長期に安定で,遺伝性があって,生物学的に関連性がみられるという点で,中間表現型の定義を満たしている.そして遺伝因子を探るという目的以外にも,アルコールに対する反応の違いで将来のアルコール依存症のリスクを推定することができれば予防にも応用可能であろう.本稿ではアルコールの精神作用,すなわち酔いの強さがどのように依存症のリスクに関連するか,現在までの研究を紹介する.
キーワード  アルコールに対する反応,アルコール依存症,遺伝因子,中間表現型,報酬系
本論文を購入 特集TOPへ戻る
週刊「医学のあゆみ」のご注文
アルコール医学・医療の最前線2015Update
254巻10号 2015年9月5日
週刊(B5判,100頁)
発行時参考価格 2,400円
注文コード:925410
雑誌コード:20471-9/5
品切れ
電子版の購入

本書は電子版を販売しています.

以下のウェブサイトで論文単位の購入が可能です.

Pier Onlineメディカルオンライン

※リンク先は医歯薬出版株式会社のウェブサイトではありません.利用方法等は各ウェブサイトへお問い合わせください.

お問い合わせ 会社案内 About us リンクについて オンラインショップの返品について
当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクしてください.
Copyright (C) 2022 Ishiyaku Pub,Inc.