医歯薬出版のページサイトマップ
医学のあゆみTOP最新号通常号第1土曜特集号第5土曜特集号バックナンバー年間定期購読
ホーム雑誌一覧医学のあゆみ254巻10号 > 論文詳細
アルコール医学・医療の最前線2015Update9月第1土曜特集
254巻10号 2015年9月5日 p.929-933
第1土曜特集 アルコール医学・医療の最前線2015 Update アルコールと糖代謝 荻原健・綿田裕孝
サマリー   アルコール摂取に伴う糖代謝に対する作用には多面性があり,アルコール摂取の影響で血糖値が低下する場合と血糖値が上昇する場合がある.アルコールによる血糖降下作用として,古典的には肝における糖新生の抑制が上げられ,近年はアディポネクチンの分泌増加に伴うインスリン抵抗性改善効果が報告された.血糖上昇の原因として“食欲抑制の解除”にちなんだ食事の過剰摂取の影響は甚大であるが,肝細胞内脂肪蓄積,インスリン標的臓器のおけるインスリンシグナル伝達経路の阻害,膵β細胞におけるインスリン分泌抑制などの機構も指摘されている.疫学研究では,適量のアルコール摂取による糖尿病発症の予防効果,糖尿病患者における予後改善効果が報告されている.糖尿病関連疾患においては,アルコール摂取への適切な介入により生活の質の改善が期待される.
キーワード  糖尿病,肝,糖新生,インスリン,低血糖
第1土曜特集 アルコール医学・医療の最前線2015 Update アルコールと糖代謝 荻原健・綿田裕孝
本論文を購入 特集TOPへ戻る
週刊「医学のあゆみ」のご注文
アルコール医学・医療の最前線2015Update
254巻10号 2015年9月5日
週刊(B5判,100頁)
発行時参考価格 2,400円
注文コード:925410
雑誌コード:20471-9/5
品切れ
電子版の購入

本書は電子版を販売しています.

以下のウェブサイトで論文単位の購入が可能です.

Pier Onlineメディカルオンライン

※リンク先は医歯薬出版株式会社のウェブサイトではありません.利用方法等は各ウェブサイトへお問い合わせください.

お問い合わせ 会社案内 About us リンクについて オンラインショップの返品について
当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクしてください.
Copyright (C) 2022 Ishiyaku Pub,Inc.