医歯薬出版のページサイトマップ
医学のあゆみTOP最新号通常号第1土曜特集号第5土曜特集号バックナンバー年間定期購読
ホーム雑誌一覧医学のあゆみ254巻10号 > 論文詳細
アルコール医学・医療の最前線2015Update9月第1土曜特集
254巻10号 2015年9月5日 p.875-880
第1土曜特集 アルコール医学・医療の最前線2015 Update 総論:アルコール医学・医療の今日的課題――歴史に学ぶ 松崎松平
サマリー   アルコールの健康への害は洋の東西を問わず昔から知られているが,医学・医療面からの研究や対策の開始は,1900年代半ば以降のことである.世界大戦後の社会的安定と経済復興期の1960年代から世界的に飲酒人口が増加した.さらにアメリカでは,1970〜1980年代の世界情勢に関連し社会問題が複雑化したことで,アルコールと薬物依存が急増し,健康および社会的に重大な問題となった.そのためNIHの一部門としてアルコールおよび依存性薬物の研究部門(NIAAA)が急いで新設され,研究が急速に展開した.NIAAAでは,本問題の解決には“科学的研究の推進が最重要”という理念が掲げられ,その資金支援により世界中で激しい研究競争が展開された.その成果が医学・医療,社会や行政による対策の確立につながった.日本ではアメリカの強い影響により,70年代後期より研究と医療対策が新展開し,厚生省(当時)によるアル中問題への行政対策がはじまり,小規模ながら日本のNIAAAをめざし国立久里浜アルコール症センターが設立された.アルコール問題は政治や経済的社会情勢もかかわる複雑系であり,対策と解決には広い領域の学術的連携協力がきわめて重要であることを日本の近年の歴史は語っている.
キーワード  アルコール研究,アルコール・アセトアルデヒド代謝,毒性
第1土曜特集 アルコール医学・医療の最前線2015 Update 総論:アルコール医学・医療の今日的課題――歴史に学ぶ 松崎松平
本論文を購入 特集TOPへ戻る
週刊「医学のあゆみ」のご注文
アルコール医学・医療の最前線2015Update
254巻10号 2015年9月5日
週刊(B5判,100頁)
発行時参考価格 2,400円
注文コード:925410
雑誌コード:20471-9/5
品切れ
電子版の購入

本書は電子版を販売しています.

以下のウェブサイトで論文単位の購入が可能です.

Pier Onlineメディカルオンライン

※リンク先は医歯薬出版株式会社のウェブサイトではありません.利用方法等は各ウェブサイトへお問い合わせください.

お問い合わせ 会社案内 About us リンクについて オンラインショップの返品について
当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクしてください.
Copyright (C) 2022 Ishiyaku Pub,Inc.