医歯薬出版のページサイトマップ
医学のあゆみTOP最新号通常号第1土曜特集号第5土曜特集号バックナンバー年間定期購読
ホーム雑誌一覧医学のあゆみ252巻2号 > 論文詳細
ゲノム編集−基礎から応用へ
252巻2号 2015年1月10日 p.159-163
AYUMI ゲノム編集――基礎から応用へ マウス個体でのゲノム編集(1)――効率よく正確なゲノム改変を施すには 藤井渉
サマリー   遺伝子機能と形質との関係を個体レベルで研究するうえで,ゲノム改変マウスは非常に有用なツールであるが,その作製にはコストや労力を要することから,幅広く利用されているとはいい難いのが現状であった.近年,従来の作製法に代わるあらたな方法として,ZFNやCRISPR/Casシステムなどの人工ヌクレアーゼを利用した方法が注目を集めている.著者らは任意のZFNコンストラクトを短期間で作製可能な“OLTA法”を開発し,わずか1カ月でのノックアウトマウスの作製を可能とした.また,CRISPR/Casシステムによる高効率ノックアウトマウス作製法を開発し,大規模ゲノム領域欠失マウスの作製法を確立した.さらに本稿では,人工ヌクレアーゼ特有の問題である“オフターゲット効果”に対してオーソログCAS9やCAS9ニッカーゼを利用した回避法を提案する.人工ヌクレアーゼを利用したゲノム改変マウス作製法によって安価に効率よく複雑なゲノム改変を施したマウスが作製可能となった.
キーワード  ゲノム改変マウス,Zinc Finger Nuclease,CRISPR/Cas,オフターゲット
AYUMI ゲノム編集――基礎から応用へ マウス個体でのゲノム編集(1)――効率よく正確なゲノム改変を施すには 藤井渉
本論文を購入 特集TOPへ戻る
ゲノム編集
252巻2号 2015年1月10日
週刊(B5判,70頁)
発行時参考価格 1,100円
注文コード:925202
雑誌コード:20472-1/10
ダウンロード購入
『医学のあゆみ』は発行から1年後に論文単位で全文検索可能なPDFファイルのダウンロード購入ができます.
詳細はPierOnline
Pier Online
当社発行の雑誌は発行から1年後に論文単位でPDFファイルのダウンロード購入が可能です.
詳細はメディカルオンライン
メディカルオンライン
お問い合わせ 会社案内 About us リンクについて オンラインショップの返品について
当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクしてください.
Copyright (C) 2019 Ishiyaku Pub,Inc.