医歯薬出版のページサイトマップ
医学のあゆみTOP最新号通常号第1土曜特集号第5土曜特集号バックナンバー年間定期購読
ホーム雑誌一覧医学のあゆみ248巻8号 > 論文詳細
光老化の臨床とメカニズム
248巻8号 2014年2月22日 p.571-576
AYUMI 光老化の臨床とメカニズム 光老化のメカニズムと臨床 上出良一
サマリー   高齢者の顔面など露出部の皮膚には,老徴とよばれるシワ,シミ(日光黒子),イボ(脂漏性角化症),タルミなどが顕著であり,ときに皮膚癌も生じる.これらは単なる加齢に伴う変化ではなく,慢性の紫外線曝露による皮膚障害である.紫外線のUVBがもっとも大きな影響をもつが,最近の研究ではUVAの作用も無視できない.UVBはDNAに吸収されやすく,DNAにピリミジンダイマーなどの直接的損傷を与える.UVAは皮膚内分子に吸収されたあと活性酸素を発生し,間接的にDNA,蛋白質,脂質に酸化的損傷を与える.DNA損傷の修復にエラーが生じると,突然変異により癌が発生する.真皮にまで到達するUVAは一重項酸素を発生させ,線維芽細胞が産生した蛋白分解酵素は細胞外基質の膠原線維や弾性線維を分解し,変性した弾性線維塊は光線性弾性線維症という光老化に特徴的な組織変化をもたらす.光老化は生活態度,サンスクリーン剤,衣類などによる適切な紫外線防御で予防でき,かつ抗酸化剤やさまざまな治療的手段で改善可能である.
キーワード  光老化(photoaging),紫外線,シミ,シワ,皮膚癌,DNA損傷
AYUMI 光老化の臨床とメカニズム 光老化のメカニズムと臨床 上出良一
本論文を購入 特集TOPへ戻る
光老化の臨床とメカニズム
248巻8号 2014年2月22日
週刊(B5判,70頁)
発行時参考価格 1,000円
注文コード:924808
雑誌コード:20474-2/22
ダウンロード購入
『医学のあゆみ』は発行から1年後に論文単位で全文検索可能なPDFファイルのダウンロード購入ができます.
詳細はPierOnline
Pier Online
当社発行の雑誌は発行から1年後に論文単位でPDFファイルのダウンロード購入が可能です.
詳細はメディカルオンライン
メディカルオンライン
お問い合わせ 会社案内 About us リンクについて オンラインショップの返品について
当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクしてください.
Copyright (C) 2019 Ishiyaku Pub,Inc.