医歯薬出版のページサイトマップ
医学のあゆみTOP最新号通常号第1土曜特集号第5土曜特集号バックナンバー年間定期購読
ホーム雑誌一覧医学のあゆみ247巻6号 > 論文詳細
バゾプレシンと疾患
247巻6号 2013年11月9日 p.533-536
AYUMI バゾプレシンと疾患 リンパ球性漏斗下垂体後葉炎の診断マーカー 椙村益久
サマリー   リンパ球性漏斗下垂体後葉炎(LINH)は,病理所見で漏斗部および後葉にリンパ球や形質細胞が浸潤する慢性の炎症像が認められ,中枢性尿崩症を呈する疾患で,特発性中枢性尿崩症の主たる原因であると考えられている.その病因に自己免疫機序が関与すると推察されているが,詳細は不明である.特発性尿崩症の多くの症例で抗バゾプレシン細胞抗体(AVPcAb)が存在し病態に関与する可能性が報告されている一方,他の中枢性尿崩症を呈するLangerhans細胞組織球増加症や胚細胞腫でも高率にAVPcAbが認められたという報告もあり,特異性および病態との関連は不明の点が多い.著者らは,LINH患者血清中にラブフィリン3a抗体が高率に存在し,血中ラブフィリン3a抗体はLINHの有用な診断マーカーとなる可能性を見出した.
キーワード  リンパ球性下垂体炎,リンパ球性漏斗下垂体後葉炎(LINH)
本論文を購入 特集TOPへ戻る
バゾプレシンと疾患
247巻6号 2013年11月9日
週刊(B5判,70頁)
発行時参考価格 1,000円
注文コード:924706
雑誌コード:20472-11/9
ダウンロード購入
『医学のあゆみ』は発行から1年後に論文単位で全文検索可能なPDFファイルのダウンロード購入ができます.
詳細はPierOnline
Pier Online
当社発行の雑誌は発行から1年後に論文単位でPDFファイルのダウンロード購入が可能です.
詳細はメディカルオンライン
メディカルオンライン
お問い合わせ 会社案内 About us リンクについて オンラインショップの返品について
当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクしてください.
Copyright (C) 2019 Ishiyaku Pub,Inc.