医歯薬出版のページサイトマップ
医学のあゆみTOP最新号通常号第1土曜特集号第5土曜特集号バックナンバー年間定期購読
ホーム雑誌一覧医学のあゆみ247巻5号 > 論文詳細
神経変性疾患−研究と診療の進歩11月第1土曜特集
247巻5号 2013年11月2日 p.509-513
第1土曜特集 神経変性疾患――研究と診療の進歩 	副腎白質ジストロフィーに対する造血幹細胞移植 松川敬志
サマリー   副腎白質ジストロフィー(ALD)はABCD1を原因遺伝子とするX連鎖性劣性遺伝性疾患である.進行性の中枢神経障害を認め,ときに副腎不全や末梢神経障害を伴う.これまでの知見から,発症早期の小児大脳型ALDに対して造血幹細胞移植(HSCT)がなされることで良好な成績を得られることが示されている.思春期/成人大脳型ALDに対するHSCTについても,日本国内を含め数例の報告がなされており,今後さらなる症例の蓄積が重要と考えられる.ALDにおいてはさまざまな表現型を呈し,非大脳型から大脳型へ移行する症例も存在することから,HSCTにおいて良好な成績を得るためには注意深いフォローアップ体制の確立,患者・家族への説明などが重要であると考えられる.さらには小児大脳型ALDに対して遺伝子治療も試みられており,今後さらなる症例の蓄積が望まれる.
キーワード  副腎白質ジストロフィー(ALD),造血幹細胞移植(HSCT),遺伝子治療
第1土曜特集 神経変性疾患――研究と診療の進歩 	副腎白質ジストロフィーに対する造血幹細胞移植 松川敬志
本論文を購入 特集TOPへ戻る
週刊「医学のあゆみ」のご注文
神経変性疾患
247巻5号 2013年11月2日
週刊(B5判,140頁)
発行時参考価格 2,400円
注文コード:924705
雑誌コード:20471-11/2
品切れ
電子版の購入

本書は電子版を販売しています.

以下のウェブサイトで論文単位の購入が可能です.

Pier Onlineメディカルオンライン

※リンク先は医歯薬出版株式会社のウェブサイトではありません.利用方法等は各ウェブサイトへお問い合わせください.

お問い合わせ 会社案内 About us リンクについて オンラインショップの返品について
当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクしてください.
Copyright (C) 2022 Ishiyaku Pub,Inc.