医歯薬出版のページサイトマップ
医学のあゆみTOP最新号通常号第1土曜特集号第5土曜特集号バックナンバー年間定期購読
ホーム雑誌一覧医学のあゆみ247巻5号 > 論文詳細
神経変性疾患−研究と診療の進歩11月第1土曜特集
247巻5号 2013年11月2日 p.499-502
第1土曜特集 神経変性疾患――研究と診療の進歩 Niemann-Pick病C型の神経症状の治療 大野耕策
サマリー   Niemann-Pick病C型は細胞内の脂質輸送に関与するNPC1/NPC2遺伝子の欠損により,スフィンゴミエリン,コレステロール,糖脂質の蓄積を起こし,@脾腫,肝脾腫などの内臓症状と,A失調,嚥下障害,カタプレキシー,垂直性核上性注視麻痺,ジストニア,知的退行,精神症状などの中枢神経症状を示す,比較的まれな常染色体劣性遺伝性疾患である.スフィンゴ糖脂質合成の最初の酵素であるグルコシルセラミド合成酵素の阻害作用を有するミグルスタットが嚥下障害を含む神経症状の進行に有効であることが明らかになり,2012年日本でも治療薬として承認された.現在,Niemann-Pick病C型と診断され治療を受けている日本人は約20名であるが,ほとんどが20歳以下である.近年,欧米では思春期以降の発症例が多く診断されるようになっており,日本人でも今後多く診断される可能性がある.
キーワード  Niemann-Pick病C型,ミグルスタット
本論文を購入 特集TOPへ戻る
神経変性疾患
247巻5号 2013年11月2日
週刊(B5判,140頁)
発行時参考価格 2,400円
注文コード:924705
雑誌コード:20471-11/2
ダウンロード購入
『医学のあゆみ』は発行から1年後に論文単位で全文検索可能なPDFファイルのダウンロード購入ができます.
詳細はPierOnline
Pier Online
当社発行の雑誌は発行から1年後に論文単位でPDFファイルのダウンロード購入が可能です.
詳細はメディカルオンライン
メディカルオンライン
お問い合わせ 会社案内 About us リンクについて オンラインショップの返品について
当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクしてください.
Copyright (C) 2019 Ishiyaku Pub,Inc.