医歯薬出版のページサイトマップ
医学のあゆみTOP最新号通常号第1土曜特集号第5土曜特集号バックナンバー年間定期購読
ホーム雑誌一覧医学のあゆみ247巻5号 > 論文詳細
神経変性疾患−研究と診療の進歩11月第1土曜特集
247巻5号 2013年11月2日 p.486-492
第1土曜特集 神経変性疾患――研究と診療の進歩 アカデミア主導による筋萎縮性側索硬化症に対する新規治療法の開発 青木正志
サマリー   筋萎縮性側索硬化症(ALS)は選択的な運動ニューロン死をきたし,神経・筋疾患のなかでも治療法が乏しく神経難病の象徴的疾患とされている.最近,家族性ALSの原因遺伝子として報告されたTDP-43およびFUS/TLS遺伝子変異に伴うALSの病態が注目されている.一方で,現在までに病態モデルとして確立しているのはSOD1変異に伴うALSであり,このモデルを利用した治療法の開発が進められている.肝細胞増殖因子(HGF)は日本で発見された神経栄養因子であり,運動ニューロンに対する強力な保護作用が知られている.著者らはALSラットに対してリコンビナントHGF蛋白の髄腔内持続投与を行うことにより,明確な治療効果を確認した.臨床試験を行うためにカニクイザルに対するリコンビナントHGF蛋白の髄腔内持続投与による安全性(毒性)および薬物動態試験をGLP基準で行った.その結果に基づき東北大学病院において臨床試験のプロトコール開発を行い,ALS患者に対する治験(第I相試験)を開始した.
キーワード  筋萎縮性側索硬化症(ALS),肝細胞増殖因子(HGF),トランスレーショナルリサーチ,SOD1,FUS/TLS
第1土曜特集 神経変性疾患――研究と診療の進歩 アカデミア主導による筋萎縮性側索硬化症に対する新規治療法の開発 青木正志
本論文を購入 特集TOPへ戻る
神経変性疾患
247巻5号 2013年11月2日
週刊(B5判,140頁)
発行時参考価格 2,400円
注文コード:924705
雑誌コード:20471-11/2
ダウンロード購入
『医学のあゆみ』は発行から1年後に論文単位で全文検索可能なPDFファイルのダウンロード購入ができます.
詳細はPierOnline
Pier Online
当社発行の雑誌は発行から1年後に論文単位でPDFファイルのダウンロード購入が可能です.
詳細はメディカルオンライン
メディカルオンライン
お問い合わせ 会社案内 About us リンクについて オンラインショップの返品について
当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクしてください.
Copyright (C) 2019 Ishiyaku Pub,Inc.