医歯薬出版のページサイトマップ
医学のあゆみTOP最新号通常号第1土曜特集号第5土曜特集号バックナンバー年間定期購読
ホーム雑誌一覧医学のあゆみ247巻5号 > 論文詳細
神経変性疾患−研究と診療の進歩11月第1土曜特集
247巻5号 2013年11月2日 p.445-449
第1土曜特集 神経変性疾患――研究と診療の進歩 パーキンソン病と多系統萎縮症における遺伝因子 三井純
サマリー   遺伝因子の発見から病態機序解明が進展しつつある神経変性疾患の例として,Parkinson病(PD)と多系統萎縮症(MSA)をあげる.PDにおいては,common disease-common variants仮説に基づいて多型をマーカーに行われてきた関連解析の成果や,家族内集積性を契機に発見されたcommon disease-multiple rare variantsの一例であるGBA遺伝子について紹介する.MSAにおいては,これまでに家族内集積性の知見が乏しく,遺伝因子の研究の進展がみられなかった.しかし近年,家族性MSAの原因遺伝子の1つがあらたに発見され,孤発性患者にも共通する遺伝因子であることがわかった.
キーワード  Parkinson病(PD),多系統萎縮症(MSA),Common disease-common variants仮説,Common disease-multiple rare variants仮説,孤発性疾患
第1土曜特集 神経変性疾患――研究と診療の進歩 パーキンソン病と多系統萎縮症における遺伝因子 三井純
本論文を購入 特集TOPへ戻る
神経変性疾患
247巻5号 2013年11月2日
週刊(B5判,140頁)
発行時参考価格 2,400円
注文コード:924705
雑誌コード:20471-11/2
ダウンロード購入
『医学のあゆみ』は発行から1年後に論文単位で全文検索可能なPDFファイルのダウンロード購入ができます.
詳細はPierOnline
Pier Online
当社発行の雑誌は発行から1年後に論文単位でPDFファイルのダウンロード購入が可能です.
詳細はメディカルオンライン
メディカルオンライン
お問い合わせ 会社案内 About us リンクについて オンラインショップの返品について
当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクしてください.
Copyright (C) 2019 Ishiyaku Pub,Inc.