医歯薬出版のページサイトマップ
医学のあゆみTOP最新号通常号第1土曜特集号第5土曜特集号バックナンバー年間定期購読
ホーム雑誌一覧医学のあゆみ242巻12号 > 論文詳細
褐色脂肪細胞と白色脂肪細胞
242巻12号 2012年9月22日 p.913-917
AYUMI 褐色脂肪細胞と白色脂肪細胞 褐色脂肪熱産生を調節する中枢神経機構――寒冷,感染,ストレスを生き抜くために 中村和弘
サマリー   褐色脂肪組織における熱産生(褐色脂肪熱産生)は体温の調節,感染による発熱,エネルギー消費(肥満予防),心理ストレスによる体温上昇などに機能する.こうした熱産生反応は,脳の視索前野にある体温調節中枢からの指令によって交感神経活動が亢進し惹起されるものである.体温調節中枢からは遠心性の神経経路があり,視床下部や延髄の交感神経調節ニューロンを常時抑制するが,熱産生が必要な状況ではこの抑制を弱めることで交感神経出力を亢進させ,褐色脂肪熱産生を惹起する.最近では心理ストレスが褐色脂肪熱産生の中枢神経システムを活性化することで,体温の上昇を引き起こすことが見出された.今後,情動などの精神状態が褐色脂肪の熱産生機能に影響を与える仕組みについて,興味深い発見があるものと期待される.
キーワード  褐色脂肪組織,脳・神経,体温調節,発熱,ストレス
AYUMI 褐色脂肪細胞と白色脂肪細胞 褐色脂肪熱産生を調節する中枢神経機構――寒冷,感染,ストレスを生き抜くために 中村和弘
本論文を購入 特集TOPへ戻る
褐色脂肪細胞と白色脂肪細胞
242巻12号 2012年9月22日
週刊(B5判,70頁)
発行時参考価格 1,000円
注文コード:924212
雑誌コード:20474-9/22
ダウンロード購入
『医学のあゆみ』は発行から1年後に論文単位で全文検索可能なPDFファイルのダウンロード購入ができます.
詳細はPierOnline
Pier Online
当社発行の雑誌は発行から1年後に論文単位でPDFファイルのダウンロード購入が可能です.
詳細はメディカルオンライン
メディカルオンライン
お問い合わせ 会社案内 About us リンクについて オンラインショップの返品について
当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクしてください.
Copyright (C) 2018 Ishiyaku Pub,Inc.