医歯薬出版のページサイトマップ
医学のあゆみTOP最新号通常号第1土曜特集号第5土曜特集号バックナンバー年間定期購読
ホーム雑誌一覧医学のあゆみ232巻12号 > 論文詳細
糖尿病関連遺伝子の現在
232巻12号 2010年3月20日 p.1201-1206
AYUMI 糖尿病関連遺伝子の現在 ポストGWASの新規糖尿病感受性遺伝子同定戦略 堀川幸男・塩谷真由美
サマリー   現在の急速な糖尿病患者の増加には脂肪過量摂取,運動不足,ストレスなどのいわゆる生活習慣とともに,母体肥満,子宮内環境などの生前の環境因子も何らかの形で記憶され,生後の糖尿病や肥満症の易発症性を規定していると考えられている.これら環境変化の遺伝子への取込みの仕組みとして,塩基配列の変化を伴わないメチル化など可逆性のエピジェネティックな遺伝子発現制御機構が想定されている.全ゲノム関連解析(GWAS)により TCF7L2HHEXCDKN2BCDKAL1IGF2BP2KCNQ1 などの遺伝子領域の多型で糖尿病発症との関連が認められ,人種を超えた糖尿病感受性アリルであることが証明された.しかし,従来の糖尿病危険因子(肥満,家族歴など)に比べて,遺伝子多型の糖尿病発症予測への貢献度はいぜん低いという報告もなされた.したがって,今後のありふれた生活習慣病の遺伝素因解明は,配列変異(SNPs)のみならず,ともにあるエピゲノム変化も含めて解析を進めていかねばならないと考えられる.
キーワード  GWAS,エピゲノム,SNP,環境素因
AYUMI 糖尿病関連遺伝子の現在 ポストGWASの新規糖尿病感受性遺伝子同定戦略 堀川幸男・塩谷真由美
本論文を購入 特集TOPへ戻る
糖尿病関連遺伝子の現在
232巻12号 2010年3月20日
週刊(B5判,68頁)
発行時参考価格 1,000円
注文コード:923212
雑誌コード:20473-3/20
ダウンロード購入
『医学のあゆみ』は発行から1年後に論文単位で全文検索可能なPDFファイルのダウンロード購入ができます.
詳細はPierOnline
Pier Online
当社発行の雑誌は発行から1年後に論文単位でPDFファイルのダウンロード購入が可能です.
詳細はメディカルオンライン
メディカルオンライン
お問い合わせ 会社案内 About us リンクについて オンラインショップの返品について
当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクしてください.
Copyright (C) 2019 Ishiyaku Pub,Inc.