医歯薬出版のページサイトマップ
医学のあゆみTOP最新号通常号第1土曜特集号第5土曜特集号バックナンバー年間定期購読
ホーム雑誌一覧医学のあゆみ232巻12号 > 論文詳細
糖尿病関連遺伝子の現在
232巻12号 2010年3月20日 p.1179-1183
AYUMI 糖尿病関連遺伝子の現在 1型糖尿病関連遺伝子の現状 伊藤裕進・他
サマリー   1 型糖尿病は,膵β細胞の破壊によるインスリン欠乏により発症する糖尿病である.その成因がいまだ明らかではない“特発性”と,自己免疫的機序により発症する“自己免疫性”とに分類されるが,大部分は自己免疫性と考えられている.その発症には遺伝因子と環境因子が関与しており,しかも遺伝因子が複数の遺伝子によって構成されている多因子疾患であり,疾患に関与する遺伝子は“疾患感受性遺伝子”とよばれている.特定の遺伝子変異が発症の原因となる単一遺伝子疾患と比べると,多因子疾患の個々の疾患感受性遺伝子を同定するには多くの困難が伴うが,最近のゲノム情報の整備や遺伝子解析法のめざましい進歩により 1 型糖尿病疾患感受性遺伝子の解明は急速に進んでいる.1 型糖尿病疾患感受性遺伝子の同定をめざしたゲノムワイドのアソシエーションスタディ(GWAS)の報告も含めたこれまでの 1 型糖尿病疾患感受性遺伝子に関する報告からは,1 型糖尿病にもっとも強く関与している遺伝子座が HLA(human leukocyte antigen)であることが示されており,HLA により糖尿病発症の遺伝因子の 30〜50%が説明できると考えられている.一方,非 HLA(non−HLA)領域にも多くの疾患感受性遺伝子が存在する可能性が示されているが,その大半の効果は弱いものと考えられている.本稿では 1 型糖尿病関連遺伝子の現状を,HLA 領域の遺伝子と HLA 以外(non−HLA)の遺伝子とに分けて概説する.
キーワード  1型糖尿病,疾患感受性遺伝子,HLA,ゲノムワイドアソシエーションスタディ(GWAS)
AYUMI 糖尿病関連遺伝子の現在 1型糖尿病関連遺伝子の現状 伊藤裕進・他
本論文を購入 特集TOPへ戻る
糖尿病関連遺伝子の現在
232巻12号 2010年3月20日
週刊(B5判,68頁)
発行時参考価格 1,000円
注文コード:923212
雑誌コード:20473-3/20
ダウンロード購入
『医学のあゆみ』は発行から1年後に論文単位で全文検索可能なPDFファイルのダウンロード購入ができます.
詳細はPierOnline
Pier Online
当社発行の雑誌は発行から1年後に論文単位でPDFファイルのダウンロード購入が可能です.
詳細はメディカルオンライン
メディカルオンライン
お問い合わせ 会社案内 About us リンクについて オンラインショップの返品について
当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクしてください.
Copyright (C) 2019 Ishiyaku Pub,Inc.