医歯薬出版のページサイトマップ
医学のあゆみTOP最新号通常号第1土曜特集号第5土曜特集号バックナンバー年間定期購読
ホーム雑誌一覧医学のあゆみ232巻9号 > 論文詳細
副腎皮質疾患とメタボリック症候群
232巻9号 2010年2月27日 p.887-891
AYUMI 副腎皮質疾患とメタボリック症候群 Subclinical Cushing症候群の診断基準と臨床的意義 蝸チ一・他
サマリー   Subclinical Cushing 症候群(SCS)は副腎腫瘍からのコルチゾールの自律性分泌を認めるが,満月様顔貌,中心性肥満などの典型的な Cushing 徴候を欠く病態である.わが国の全国調査では副腎偶発腫瘤の 10.5%にコルチゾール産生を認めた.SCS から顕性 Cushing 症候群への移行は稀である.SCS ではメタボリック症侯群が表現型であり,2 型糖尿病や高血圧,骨粗鬆症の病因となっている.SCS と診断された副腎腫瘍の摘出後,高血圧や糖尿病が 50%以上改善したとの報告があり,高血圧,耐糖能異常,糖尿病合併例は腫瘍摘出を考慮する.しかし,海外を含めて SCS はその診断基準や手術適応が確立されておらず,今後の前向き臨床研究が必要である.また,わが国では 1995 年に SCS 診断基準が策定されたが,デキサメタゾン抑制試験の cut−off値を含めて改訂が検討されている.
キーワード  subclinical Cushing症候群(SCS),preclinical Cushing症候群,メタボリック症侯群,デキサメタゾン抑制試験
AYUMI 副腎皮質疾患とメタボリック症候群 Subclinical Cushing症候群の診断基準と臨床的意義 蝸チ一・他
本論文を購入 特集TOPへ戻る
副腎皮質疾患とメタボリック症候群
232巻9号 2010年2月27日
週刊(B5判,68頁)
発行時参考価格 1,000円
注文コード:923209
雑誌コード:20474-2/27
ダウンロード購入
『医学のあゆみ』は発行から1年後に論文単位で全文検索可能なPDFファイルのダウンロード購入ができます.
詳細はPierOnline
Pier Online
当社発行の雑誌は発行から1年後に論文単位でPDFファイルのダウンロード購入が可能です.
詳細はメディカルオンライン
メディカルオンライン
お問い合わせ 会社案内 About us リンクについて オンラインショップの返品について
当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクしてください.
Copyright (C) 2020 Ishiyaku Pub,Inc.