医歯薬出版のページサイトマップ
医学のあゆみTOP最新号通常号第1土曜特集号第5土曜特集号バックナンバー年間定期購読
ホーム雑誌一覧医学のあゆみ232巻4号 > 論文詳細
閉塞性細気管支炎をめぐって
232巻4号 2010年1月23日 p.253-256
AYUMI 閉塞性細気管支炎をめぐって 肺移植と閉塞性細気管支炎 伊達洋至
サマリー   肺移植は末期肺疾患の治療法として日本でも定着しつつあり,閉塞性細気管支炎も肺移植適応疾患に含まれている.日本国内で 2009 年 10 月現在までに実施された肺移植は,144 例(脳死肺移植 57 例,生体肺移植87 例)に達した.適応疾患で 4 番目に多いのが閉塞性細気管支炎 20 例であった.原因として多いのが造血幹細胞移植後の移植片対宿主病(GVHD)として発症した閉塞性細気管支炎である.自験 15 例では,閉塞性細気管支炎に対する肺移植後の 5 年生存率は 84.4%であった.一方,肺移植後に慢性拒絶反応として生じる閉塞性細気管支炎は,現在克服されていない肺移植のもっとも大きな課題である.明らかに有効な治療法はなく,その発症を予防することが重要とされている.生体肺移植では 2 人の異なった抗原性を有するグラフトが移植されるため,閉塞性細気管支炎が生じても片側性であることがしばしばであり,脳死肺移植よりも有利と思われる.
キーワード  閉塞性細気管支炎,生体肺移植,脳死肺移植,慢性拒絶反応,BOS
AYUMI 閉塞性細気管支炎をめぐって 肺移植と閉塞性細気管支炎 伊達洋至
本論文を購入 特集TOPへ戻る
閉塞性細気管支炎をめぐって
232巻4号 2010年1月23日
週刊(B5判,76頁)
発行時参考価格 1,000円
注文コード:923204
雑誌コード:20474-1/23
ダウンロード購入
『医学のあゆみ』は発行から1年後に論文単位で全文検索可能なPDFファイルのダウンロード購入ができます.
詳細はPierOnline
Pier Online
当社発行の雑誌は発行から1年後に論文単位でPDFファイルのダウンロード購入が可能です.
詳細はメディカルオンライン
メディカルオンライン
お問い合わせ 会社案内 About us リンクについて オンラインショップの返品について
当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクしてください.
Copyright (C) 2019 Ishiyaku Pub,Inc.