医歯薬出版のページサイトマップ
医学のあゆみTOP最新号通常号第1土曜特集号第5土曜特集号バックナンバー年間定期購読
ホーム雑誌一覧医学のあゆみ231巻10号 > 論文詳細
精神医学Update−最新研究動向12月第1土曜特集
231巻10号 2009年12月5日 p.1079-1083
第1土曜特集 精神医学Update――最新研究動向 薬物依存症の脳画像研究と新しい治療法 橋本謙二・伊豫雅臣
サマリー   覚せい剤,麻薬などの違法性薬物の乱用は国内外において大きな社会問題になっており,国内での受刑者の4 人に 1 人は覚せい剤事犯であるといわれている.覚せい剤などの薬物依存症患者の脳画像研究より,薬物乱用は長期にわたり脳障害を引き起こすことがわかってきた.薬物依存症の治療としては精神病症状の治療と同じ抗精神病薬が使用されているが,根本的な治療法はないのが現状である.本稿では,薬物依存症患者の脳画像研究の最新知見と,薬物依存症の治療薬の候補として期待されているμオピオイド受容体拮抗薬ナルトレキソンおよび抗生物質ミノサイクリンについて考察したい.
キーワード  薬物依存,脳画像,治療薬,オピオイド受容体拮抗薬,ミノサイクリン
本論文を購入 特集TOPへ戻る
週刊「医学のあゆみ」のご注文
精神医学Update
231巻10号 2009年12月5日
週刊(B5判,156頁)
発行時参考価格 2,200円
注文コード:923110
雑誌コード:20471-12/5
品切れ
電子版の購入

本書は電子版を販売しています.

以下のウェブサイトで論文単位の購入が可能です.

Pier Onlineメディカルオンライン

※リンク先は医歯薬出版株式会社のウェブサイトではありません.利用方法等は各ウェブサイトへお問い合わせください.

お問い合わせ 会社案内 About us リンクについて オンラインショップの返品について
当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクしてください.
Copyright (C) 2022 Ishiyaku Pub,Inc.