医歯薬出版のページサイトマップ
医学のあゆみTOP最新号通常号第1土曜特集号第5土曜特集号バックナンバー年間定期購読
ホーム雑誌一覧医学のあゆみ231巻10号 > 論文詳細
精神医学Update−最新研究動向12月第1土曜特集
231巻10号 2009年12月5日 p.1034-1039
第1土曜特集 精神医学Update――最新研究動向 統合失調症の進行性脳病態仮説 高野洋輔・他
サマリー   統合失調症の病態仮説は,近年の神経画像・神経生理研究から進行性の脳病態が推定されている.MRI を用いた縦断研究により,幻聴などの症候基盤として重要な上側頭回灰白質の構造・機能異常が統合失調症発症後に進行することが認められ,さらに同部位の脳体積減少と,事象関連電位のミスマッチ陰性電位成分の減衰がパラレルに進行することがわかり,これがグルタミン酸 NMDA 受容体と関連することが示唆されている.近年の死後脳研究や分子生物学的研究から統合失調症の病態のひとつとして,NMDA 受容体の低機能が幻覚妄想状態の時期にグルタミン酸神経伝達回路の一過性過興奮を生じ,樹状突起スパインの障害が引き起こされるのではないかとの推論が出されている.この進行性脳病態仮説に基づき,遺伝子・分子・脳病態を明らかにし,早期介入法・新薬開発など通じて予防・寛解・回復をめざすことが今後の統合失調症の臨床および研究のパラダイムとなると考えられる.
キーワード  統合失調症,進行性脳病態,上側頭回,グルタミン酸,スパイン
第1土曜特集 精神医学Update――最新研究動向 統合失調症の進行性脳病態仮説 高野洋輔・他
本論文を購入 特集TOPへ戻る
週刊「医学のあゆみ」のご注文
精神医学Update
231巻10号 2009年12月5日
週刊(B5判,156頁)
発行時参考価格 2,200円
注文コード:923110
雑誌コード:20471-12/5
品切れ
電子版の購入

本書は電子版を販売しています.

以下のウェブサイトで論文単位の購入が可能です.

Pier Onlineメディカルオンライン

※リンク先は医歯薬出版株式会社のウェブサイトではありません.利用方法等は各ウェブサイトへお問い合わせください.

お問い合わせ 会社案内 About us リンクについて オンラインショップの返品について
当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクしてください.
Copyright (C) 2022 Ishiyaku Pub,Inc.