医歯薬出版のページサイトマップ
医学のあゆみTOP最新号通常号第1土曜特集号第5土曜特集号バックナンバー年間定期購読
ホーム雑誌一覧医学のあゆみ231巻10号 > 論文詳細
精神医学Update−最新研究動向12月第1土曜特集
231巻10号 2009年12月5日 p.999-1003
第1土曜特集 精神医学Update――最新研究動向 うつ病・自殺対策における精神医学の役割 稲垣正俊・他
サマリー   わが国では年間 30,000 人以上が自殺で亡くなっている.自殺者の多くが生前,うつ病などの精神障害に罹患していた.自殺の問題に対処するためには重症の患者に対するケアの充実が肝要となる.一方で,精神科医療だけでなく,自殺者の多くが自殺の前にプライマリケアを受診している.また,プライマリケアを受診する患者のなかには多くのうつ病患者が含まれている.しかし,その大部分が適切な治療を受けているとはいえない.プライマリケアにおいて効果が検証されたうつ病治療法が報告されているが,これらを実臨床に導入するためには解決すべき問題が多くある.精神科医などの精神医学の専門家がスーパービジョンなどを通じてケアに参加することでいくつかの問題は解決可能である.うつ病患者に対して適切なケアを提供し,自殺予防に取り組んでいくためには,これを実現可能とするだけの資源(制度,予算,人材)を精神科医療に割り当てることが必須となる.
キーワード  自殺,うつ病,プライマリケア,ケースマネージメント
本論文を購入 特集TOPへ戻る
週刊「医学のあゆみ」のご注文
精神医学Update
231巻10号 2009年12月5日
週刊(B5判,156頁)
発行時参考価格 2,200円
注文コード:923110
雑誌コード:20471-12/5
品切れ
電子版の購入

本書は電子版を販売しています.

以下のウェブサイトで論文単位の購入が可能です.

Pier Onlineメディカルオンライン

※リンク先は医歯薬出版株式会社のウェブサイトではありません.利用方法等は各ウェブサイトへお問い合わせください.

お問い合わせ 会社案内 About us リンクについて オンラインショップの返品について
当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクしてください.
Copyright (C) 2022 Ishiyaku Pub,Inc.