医歯薬出版のページサイトマップ
医学のあゆみTOP最新号通常号第1土曜特集号第5土曜特集号バックナンバー年間定期購読
ホーム雑誌一覧医学のあゆみ231巻10号 > 論文詳細
精神医学Update−最新研究動向12月第1土曜特集
231巻10号 2009年12月5日 p.974-977
第1土曜特集 精神医学Update――最新研究動向 精神疾患モデル動物研究の展望 野村淳
サマリー   ヒト特有の疾患である精神疾患は多彩かつ複雑であるため,動物モデルとして病態を反映させることはきわめて難解である.しかしその一方,薬理学的に作製されたマウスモデルは病態の一部を反映していることが知られており,これまで各種精神疾患の薬物のスクリーニングに用いられてきた.また,遺伝学の進歩から疾患のリスク遺伝子・染色体領域が報告され,これに基づく遺伝子改変マウスも各種作製されている.これら動物モデルもバイオテクノロジーの進歩に伴い,単一遺伝子破壊マウスにとどまらない多彩なモデルが考案されている.また,弱いインパクトをもつリスク遺伝子群の異常と環境因子の相互作用により発症するという疾患特異性から,動物モデルと環境因子を組み合わせた研究,発生期特異的に複数リスク遺伝子の制御を行う研究モデルも提案され,今後,より疾患に即した動物モデルの重要性はますます増していくものと思われる.
キーワード  統合失調症,薬理学的動物モデル,遺伝子改変動物モデル,DISC1
本論文を購入 特集TOPへ戻る
週刊「医学のあゆみ」のご注文
精神医学Update
231巻10号 2009年12月5日
週刊(B5判,156頁)
発行時参考価格 2,200円
注文コード:923110
雑誌コード:20471-12/5
品切れ
電子版の購入

本書は電子版を販売しています.

以下のウェブサイトで論文単位の購入が可能です.

Pier Onlineメディカルオンライン

※リンク先は医歯薬出版株式会社のウェブサイトではありません.利用方法等は各ウェブサイトへお問い合わせください.

お問い合わせ 会社案内 About us リンクについて オンラインショップの返品について
当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクしてください.
Copyright (C) 2022 Ishiyaku Pub,Inc.