医歯薬出版のページサイトマップ
医学のあゆみTOP最新号通常号第1土曜特集号第5土曜特集号バックナンバー年間定期購読
ホーム雑誌一覧医学のあゆみ231巻10号 > 論文詳細
精神医学Update−最新研究動向12月第1土曜特集
231巻10号 2009年12月5日 p.943-947
第1土曜特集 精神医学Update――最新研究動向 日本における精神疾患研究の現状と展望 笠井清登・他
サマリー   精神疾患は生涯有病率がきわめて高く,人生早期に発症し,長期にわたる社会生活障害をきたすとともに,自殺を通じて生命にも影響を及ぼすため,全疾患中,社会的・経済的コストの最大の要因であり,癌・循環器疾患と並ぶ三大国民病である.この認識に立脚すれば,精神疾患研究の推進が国家的課題であることは明白であるが,これまでの日本の精神疾患研究費配分はきわめて少なく,研究者不足も相まって研究が立ち遅れてきた.
こうした逆境のなかでも日本から先駆的・独創的な精神疾患研究が生まれており,神経科学者との共同の機運も高まっている.今後は,社会的・経済的損失にみあった研究費配分,若手研究者の育成や研究リソースの整備による臨床研究の推進,これまでの脳科学のパラダイムを超え,人間独自の精神機能の解明をめざした“精神の科学”の創出へ向けた人文社会科学系や脳科学研究者との幅広い連携などを進め,精神疾患の早期介入や予防を通じた個人と社会の精神的幸福の実現をめざすべきである.
キーワード  精神疾患,研究,統合失調症,気分障害,発達障害
本論文を購入 特集TOPへ戻る
週刊「医学のあゆみ」のご注文
精神医学Update
231巻10号 2009年12月5日
週刊(B5判,156頁)
発行時参考価格 2,200円
注文コード:923110
雑誌コード:20471-12/5
品切れ
電子版の購入

本書は電子版を販売しています.

以下のウェブサイトで論文単位の購入が可能です.

Pier Onlineメディカルオンライン

※リンク先は医歯薬出版株式会社のウェブサイトではありません.利用方法等は各ウェブサイトへお問い合わせください.

お問い合わせ 会社案内 About us リンクについて オンラインショップの返品について
当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクしてください.
Copyright (C) 2022 Ishiyaku Pub,Inc.