医歯薬出版のページサイトマップ
医学のあゆみTOP最新号通常号第1土曜特集号第5土曜特集号バックナンバー年間定期購読
ホーム雑誌一覧医学のあゆみ227巻6号 > 論文詳細
維持透析療法−治療・管理の進歩
227巻6号 2008年11月8日 p.451-455
AYUMI 維持透析療法―治療・管理の進歩 感染症の特徴と予防・治療管理 大薗英一
サマリー   多くは外来で生活され,来院して集団で治療を受けていながら易感染性である血液透析患者の感染症管理の進歩は,実際的な感染予防策の普及によるところが大きい.もちろん医療者側の手洗い,手袋着用といった標準予防策がその中心となる.これに加え,患者を含め,その治療区域に入る者全員による手洗い,咳エチケットという衛生概念の教育とその実践は,患者が行えば医療者の手洗いも遵守され,医療者が行えばまた患者もつねに守るという,よい相互刺激が生じて接触感染予防に対し効果的であった.さらに,処置用の物品をシングルユースとすることによる,摂子やペアン・包交車といった汚染区域内で共通利用する清潔扱いの物品の廃止や,血液汚染物の動線管理により,血液媒介感染は劇的に減少した.抗凝固薬やエリスロポエチン製剤など透析療法でつねに用いられる薬剤のシリンジへのプレフィルド化は,動線管理を容易にし,感染予防に大きな貢献を果たした.新興感染症やバンコマイシン耐性腸球菌(VRE)対策を含め,これらの対策は透析室のみならず,すべての施設で応用可能であると思われる.
キーワード  感染予防,衛生手技,接触感染,血液媒介感染,隔離
AYUMI 維持透析療法―治療・管理の進歩 感染症の特徴と予防・治療管理 大薗英一
本論文を購入 特集TOPへ戻る
維持透析療法
227巻6号 2008年11月8日
週刊(B5判,70頁)
発行時参考価格 900円
注文コード:922706
雑誌コード:20472-11/8
ダウンロード購入
『医学のあゆみ』は発行から1年後に論文単位で全文検索可能なPDFファイルのダウンロード購入ができます.
詳細はPierOnline
Pier Online
当社発行の雑誌は発行から1年後に論文単位でPDFファイルのダウンロード購入が可能です.
詳細はメディカルオンライン
メディカルオンライン
お問い合わせ 会社案内 About us リンクについて オンラインショップの返品について
当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクしてください.
Copyright (C) 2021 Ishiyaku Pub,Inc.