医歯薬出版のページサイトマップ
医学のあゆみTOP最新号通常号第1土曜特集号第5土曜特集号バックナンバー年間定期購読
ホーム雑誌一覧医学のあゆみ227巻6号 > 論文詳細
維持透析療法−治療・管理の進歩
227巻6号 2008年11月8日 p.434-437
AYUMI 維持透析療法―治療・管理の進歩 二次性副甲状腺機能亢進症治療ガイドラインとCKD-MBD 伊藤純・深川雅史
サマリー   慢性腎臓病に伴う骨・ミネラル代謝異常は,易骨折性,骨痛などにより患者の QOL を損ねるのみならず,それによる血管の石灰化が心血管疾患を引き起こし,生命予後に重大な影響を与えることが明らかとなり,世界的に疾患概念の大きな変化が起こっている.わが国でも新しい概念に基づいて“透析患者における二次性副甲状腺機能亢進症治療ガイドライン”が発表され,骨病変よりも生命予後を重視する観点から,まず血清リン値,カルシウム値の管理を行い,目標範囲に到達した場合のみ,血清 PTH 値のコントロールを行うこととなった.しかしその後,あらたな薬剤の登場により,血清リン値,カルシウム値の管理が困難な症例でも血清 PTH値を低下させることが可能となるなど,この領域の治療戦略はたえず進化しており,ガイドラインのさらなる改良と発展が期待される.
キーワード  慢性腎臓病に伴う骨・ミネラル代謝異常(CKD−MBD),透析患者における二次性副甲状腺機能亢進症治療ガイドライン,心血管疾患,生命予後,シナカルセト
本論文を購入 特集TOPへ戻る
維持透析療法
227巻6号 2008年11月8日
週刊(B5判,70頁)
発行時参考価格 900円
注文コード:922706
雑誌コード:20472-11/8
ダウンロード購入
『医学のあゆみ』は発行から1年後に論文単位で全文検索可能なPDFファイルのダウンロード購入ができます.
詳細はPierOnline
Pier Online
当社発行の雑誌は発行から1年後に論文単位でPDFファイルのダウンロード購入が可能です.
詳細はメディカルオンライン
メディカルオンライン
お問い合わせ 会社案内 About us リンクについて オンラインショップの返品について
当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクしてください.
Copyright (C) 2021 Ishiyaku Pub,Inc.